ブログ | トマト薬局

お知らせ&ブログ

クロレラ栽培

昨日は、和歌山県南部町で、バイオリンクの農業資材を使って梅を栽培されている佐々木農園さんに行ってきました。

DSC_5472


佐々木農園さんは、バイオリンクの農業資材(クロレラ栽培)を使って30年になるそうです。 社長さんに、お話をおうかがいしました。 佐々木農園さんでは、梅の栽培には、バイオリンクの農業資材を土の中に使うのと、葉に噴霧するのを使われています。 社長さんは、土の中は、私たちのヒトの食事といっしょで、与えるもので、梅の木の元氣さがちがってくるといわれます。 佐々木農園さんでは、樹齢50年以上の梅の木があるのですが、適切な剪定やバイオリンクを使うことで、本来なら寿命がくるような木々でも、しっかり実をつけるそです。 社長さんは、梅の木は言葉を発せない分、とても正直で、毎日観察をしていると、梅の木の状態が良くわかるといわれます。 だから、梅の木の居心地がよい状態にしてあげると、農薬も少なくても良い実を実らせてくれるそうです。 梅の木は、花が終わると実をつけ出して、ここから雨が降らないと梅の木にとっては、とても辛いんだそです。梅の木にとってはとてもストレスなんだそうです。 このストレスが大きい中を蓄えた栄養でしのぐそうです。 つまり、蓄えた栄養で耐えれるか、耐えれないかが決まるそうです。 クロレラを使っていると、こういうストレスにとても強くなると言われています。 また、実を収穫した後は、木々もとても弱るそうですが、バイオリンク源液の農業資材を噴霧していることで、夏を越せる木々になるそうです。 だから、50年以上も実をつけるられんですね。 私は、このお話を聞いて、妊婦さんとよく似ていると思いました。 ママは、妊娠出産授乳で、赤ちゃんにママの持っている栄養素をしっかり持っていかれます。 だから、妊娠中にカロリーではなく、必要な微量な栄養素を蓄えていないと、産後うつや育児ノイローゼや出産後に喘息などの病気になってしまいます。 それは、肝心な栄養素が足りなくなって、ストレスに耐えれないからです。 佐々木農園の社長さんも、ご家族でバイオリンクを飲まれています。 これは、佐々木農園さんだけでなく、クロレラ栽培をされている農家さんは皆さん飲まれています♪ 植物がこんなに元氣になるなら、人にも良いにきまってるからです(^_^)v DSC_5474 DSC_5473

佐々木農園さんは、梅干しも作られていて、それには、源液を使われています。 減塩で梅干しを作るためには、添加物が必要になるのですが、源液を使うことで添加物を使わないですむそうです。 折角、良い梅を栽培するので、梅干しも安全で美味しいものにするために源液を使うそうです。 佐々木農園の社長さんのお話をお伺いして、梅の木も私たちの身体も同じだとおもいました。身体の声に耳を傾けて、愛情をもって、細胞の居心地のよい環境を作ることが、病気になり難い身体と心をつくっていけるんだと確信しました。 昨日は、晴天。 風は冷たかったのですが、梅見日和(^_^)v そして、佐々木社長の誠実で愛情のこもったお話に、心があらわれました。 やっぱり、チクゴ株クロレラは凄い!!

今朝も味噌汁を食べて行ってきます!

DSC_5465

DSC_5464

今朝は、ブロッコリーの軸、出汁をとった後の羅臼昆布、しめじ、卵の味噌汁です。
ここ数年、ブロッコーリーは年中スーパーで売られていますが、旬は今!
旬の野菜は、今の身体にあった栄養素を含んでいる、生命力がある、美味しい、安い、という良いところが多いので、旬の野菜を意識して、さらに、オーガニックを意識して食べることをおすすめしています。

花粉症のお客様が、増えてきました!
そんな時期なんですね。
私も、バイオリンクを飲む前、食事を今のスタイルに変える前は、酷い花粉症でした。
だから、辛さもわかります。
花粉症などのアレルギー疾患は、免疫のバランスが崩れることで起こっています。
これは、腸内環境を整えることや、基礎体温を上げることで、症状が緩和したり、症状が出なくなったりします。
ただ、現代は、様々なストレスに囲まれていて、患者さんの背景がとても複雑です。
食事やライフスタイルを変えることが、かえってストレスになってしまう方もあります。
トマト薬局では、味噌汁とバイオリンク錠剤とご飯を中心に据える食事をおすすめしています。
さらに、症状に応じて、バイオリンクBCEx源液、BCEx503を足して頂いています。
私は、バイオリンク錠剤とバイオリンクBCEx源液を飲みだしてから、花粉症も治りました(^_^)v
是非、ご相談下さい。
これは、腸内環境を整え、細胞にあるミトコンドリアの働きを活性化します。
そのことで、免疫力や自律神経の働きを整えて、様々なストレスに対しての身体と心の抵抗力を高め、自己治癒力を高めます(^_^)v

今朝も味噌汁を食べて行ってきます!

DSC_5456

DSC_5455

今朝は、じゃがいも、菜花の味噌汁です。
菜花のほんのり苦味が好きです。

明後日は、満月。
私、毎晩空を見上げて、お月様を見ています。
好きなんです(^_^;)
今晩の月(満月の2日まえ)を小望月(こもちづき)というそうです。
昔の人は、満月への期待をふくらませ、『小望月』と名前をつけたそうです。
私も、だんだん膨らんでくる月をみるとわくわくします♪
太陽は男性性、月は女性性と言われています。
女性の波動と月の波動は同調しているのかもしれませんね。
今晩も寒くて冷たい夜ですが、その分空は澄み切っていて、お月様がくっきりきれいにみれます。
ほんの数分でもよいので、空を見上げて小望月を見上げてください♪
大いなる宇宙を感じてください。
暖かくしてお月さんを観てくださいね(^_^)v

今朝も味噌汁を食べて行ってきます!

DSC_5447

DSC_5446

今朝は、なめこ、卵の味噌汁です。
卵が大好きな私には、卵を1個を食べるご馳走味噌汁で、嬉しい♪

昨日は、フェイスブックで知り合った若いお母さんお二人が来てくださいました。
お二人は、私も尊敬している小児科医の真弓定夫先生のドキュメンタリー映画『甦れ生命の力~小児か医真弓定夫~』の上映会を開かれるので、そのチラシをトマト薬局に届けて下さいました。
初対面だったのですが、真弓先生のことから、買い物は投票とか、本間先生とか、ハニーさんとか
とにかく、話が合う、合う♪
私もこの『甦れ生命の力~小児科医 真弓定夫~』映画は、一人でも多くの方に観てもらいたい映画の一つです。
この映画の中で、真弓先生は“私たちの身体には病気を治す力があるのに、それを忘れてしまって、自信をなくしている”と言われています。
食事を日本人の体質に合った食事に変えること、出来るだけ加工されていない物を食べること、四季にあった食べ物を食べること、屋内と屋外の気温差を5度以内にすろこと、ジュースや加工されて清涼飲料水ではなく水やお茶を飲むこと。
それが、生命力を高め、病気になり難い身体や心をつくること、つまり、私たちの身体に備わっている病気を治す力を高めること、生命力を輝かせてきらきらで生きれることにつながっています。
今、新型のコロナウイルスが世界を流行しています。最大の予防は、マスクでもワクチンでも手洗いでもなく、自分の身体の自己治癒力を高めておくことです。
その大切なことを教えてくれる映画です。
こんな素敵な映画を、子育ての真っ最中の若いお母さん方が上映会をされることが、さらに、嬉しかったです。
私は自分が子育てをしているときは、こんなことには興味ももっていなくて、
子供たちには身体に悪い物をたくさん食べさせてしまいました。
出産も授乳も子育ても、やり直せるものならやり直したいくらいです。
でも、その当時には戻れないから、今はバイオリンクをしっかり食べてもらっています。
是非、観て頂きたい映画です。
トマト薬局に上映会のチラシがあります。
また、お問合せ先、【ゆるりわ yururiwa@gmail.com 】です。

今日から立春です。

DSC_5428

DSC_5427

今朝は、出汁をとった後の羅臼昆布、ロールキャベツで余ったキャベツ、大根の面取り部分、巻きずしで使った残りの人参、すしあげです。
味噌汁は、家庭料理。
少しづつ残った野菜などを残さず美味しく食べれる料理ですよ♪
命を余すことなくいただける、日本人が大切にしてきた習慣だと私は思っていて、
だから、とても大切にしています。

今日は二十四節季の“立春(りっしゅん)”に入ります。
春の氣が初めて立つ節季です。
旧暦では立春前後の新月が元旦。そして、立春は四季のはじまりです♪
今日からが、本格的な新しい年の始まりです(^_^)v
まだまだ、寒さは続きますが、春の気配が一つづつ増えていく季節です。
土の中の土壌細菌も春へ変化しています。
さぁ、今日も味噌汁とバイオリンクでにこにこに過ごします(^_^)v
そして、2020年もにこにこで過ごしますよ\(^o^)/

今朝も味噌汁を食べて行ってきます!

DSC_5421

DSC_5420

今朝は、青首大根、わかめの味噌汁です。
父の家庭菜園では、大根が大豊作で、「どんどん食べて」と、送ってくれます。
この時期の大根は、甘くて、ジューシーで、直ぐに煮えて、美味しい!!
どんな料理にして食べようかなぁ~って楽しくなります♪

今朝もBCEx503を飲んでいます。
今朝のは、感染症対策ではなくて・・・。
実は、私は、一昨日捻挫しました(-_-;)
昼間は、痛みは大したことはなかったのですが、夜に歩いて配達に行ってからが、
どんどん痛みが増してきて、夕ご飯を作るのも、途中でできなくなるほどに(*_*)
次の日(昨日)は、楽しみにしている研修会に出席するために熊本に行くことになっていたので、
慌てて、BCEx503や田七人参をがんがん飲んで、さらに、糾勵根(きゅうれいこん)で湿布しました。
私の様子をみて家族は『明日の熊本行きは無理だから、今から欠席の連絡をした方がいいよ』って言うし、
私も、この痛さだと無理だろうな~と、半ば諦めていたのですが、
それでも一縷の希望を託して、BCEx503と田七人参を3~4倍量を飲んで寝ました。
夜中に一度目が覚めて、足をおそるおそる動かした時は、まだ、痛みが走ったのですが、
朝5時過ぎに目が覚めた時は、痛みはあるのですが、昨晩に比べると全然ちがって、もしかしたら、歩けるかもって思えるほど楽になっていました!!
すたすたと歩けるという感じではなかったのですが、『これなら、行ける♪』って感じで!
勿論、起きてからも、BCEx503と田七人参を飲んで、糾勵根の湿布も新しくしました。
靴を履いて歩き出すと、階段を下りる時は痛みが残っていたのですが、平地を歩くのには痛みは殆どなくなっていました。
今朝は、腫れがもう少し残っているのと、押すと痛みが残っているところがあったので、今日1日BCEx503と田七人参、糾勵根の湿布をしています。
今回も助けてもらったなぁって感じています。
痛みがないのって、本当に有難い。
私たちは、病気はストレスで起こることを、なんとなく理解していますが、実は、怪我も、ストレスで起こります。
ストレスからくる緊張を緩めようとして、暴飲病食や生活習慣の乱れ、喫煙、何かの依存が起こります。
でも、それは本来の細胞の修復にはなりません。
それで、風邪をひいたり、鼻水を出したり、めまいをおこしたり、軽い怪我をしりなどなど症状として現れますが、それは、身体が元に戻ろうとして(細胞を修復しようとして)おきています。
薬はその症状だけを抑える治療です。
だから、トマト薬局では、薬で症状を抑えるだけの治療をおすすめしていません。
私も振り返ってみると、思い当たることがあります(^_^;)
今回は、BCEx503や田七人参をたくさん飲むことで、修復しきれなかった細胞を修復できたと思っています。
丁度、感染症の対策にもなりました(^_^)v
おかげで今日もにこにこで過ごしています\(^o^)/
私はバイオリンクの錠剤や源液、BCEx503を飲みだして約二十年、元氣で調子が悪いことがなく、イライラするようなことも少ないので、
一昨日の弱った私をみて、家族はとても心配したようで、昨晩はいつもと変わらない私をみて、
しみじみと“元氣になってよかったわぁ”と言っていました。
毎日の食事を整えること、生活習慣を整えることは、とても大切です。
でも現代は、それがとても難しい時代です。
だから、バイオリンク錠剤や源液、BCEx503などを足すことをお薦めしています。
そして、未来の子供たちが健康で安心して暮らせる環境にするために、大人が選択の基準を“命”を最優先にする時だと考えています。

明日1/31は臨時休業します。

1月31日(金)は、臨時休業をします。
ご迷惑をおかけして申し訳ございません。

今朝も味噌汁を食べて行ってきます!

DSC_5407

DSC_5405

今朝は、人参、さつまいも、小かぶ、わかめの味噌汁です。
意識をしてなかったけど、根菜の味噌汁です♪
腸内細菌が喜ぶなぁ~(笑)
今日は、風が冷たくて寒い・・・と言うより、ここ3,4日が暖かすぎました(-_-;)
今朝は、感染症予防のためにBCEx503も♪
新型コロナウイルスも、必要以上に怖がる必要はありませんが、
自分の免疫力を整えておくことは、大切だから。

img_products1_7

 

今朝も味噌汁を食べて行ってきます!

DSC_5397

DSC_5395

今朝は、高野豆腐、うすあげ、出汁をとったあとの羅臼昆布、小かぶの葉の味噌汁です。
今朝は、高野豆腐。
高野豆腐も乾物で、栄養素が優れていて保存も効くし美味しいし使いやすいので、私はとても重宝にしています。
栄養価は、たんぱく質、脂質、大豆サポニン、マグネシウム、カルシウム、亜鉛などのミネラルに食物繊維などなど!!!
今朝の味噌汁とバイオリンクで、高タンパクそれも植物性のタンパク質、不飽和脂肪酸、微量ミネラル、カロチン類、葉酸、食物繊維、葉緑素など、現代人に絶対的に不足している栄養素が摂れる上に、カロリーが低い!!!
腸内環境を整え、自律神経の働きを整え、免疫力も整えます。
さらに、バイオリンクに含まれる葉緑素は生命力の素です。
バイオリンクと味噌汁とご飯を食事の中心に据える食事は、伝統的な和食ですが、
新型コロナウイルスが瞬時に世界を流行するのをみても、世界が近くなった現代は、自分の身体の治癒力=抵抗力を維持することが、健康や幸福を左右する大きな要因です。
この伝統的な食事は、古い食事のスタイルではなく、現代だからこそ必要な食事のスタイルだと確信しています。
食は命。
身体は、命の入れものです。

DSC_5400

相談テーブルのお花です。
真っ赤なチューリップ♪
今日も、千里山は暖かい。
冬を感じないまま、春を迎えるのかなぁ~。

 

 

今朝も味噌汁を食べて行ってきます!

DSC_5384

DSC_5383

今朝は、かんぴょう、大根、人参、キャベツの芯の味噌汁です。
かんぴょうは好きな乾物の一つです。
無漂白のかんぴょうは水で戻して茹でるだけ。
みそ汁の具にしても良いですが、私は煮物が好きです。
あと、かんぴょう巻きも♪
かんぴょうはカルシウムが多い食品の一つです。
優れていることは、マグネシウムも多いので、カルシウムとマグネシウムのバランスが良くて、
私たちの身体にはとても良い働きをします。
さらに、食物繊維も多いので、腸内環境にも良いですね。
カルシウムというと、乳製品と思われるかもしれませんが、確かに、カルシウム含量は多いですが、
身体に吸収して、カルシウムとして働くのは、かんぴょうなどのような乾物や野菜、海藻、小魚の方が、日本人には優れています。
身土不二。
伝統的な食事とは、その土地に住むヒトの体質にあった食事だったからこそ、伝わってきたものです。
命を繋いできたからこそ、伝えられたきた食事です。
バイオリンクと味噌汁とご飯を食事の中心に据える食事は、日本人の体質にあった食事です。
食は命。
身体は、命のいれものです。