お知らせ&ブログ

月別アーカイブ: 2019年12月

今朝も味噌汁を食べて行ってきます!

DSC_5191

今朝は、絹ごし豆腐とわかめの味噌汁です。

今朝は、おこわを炊きました。
昨日は満月だったので、小豆を食べようと思っていたのに、すっかり忘れていました(*_*)
私は、蒸して作るおこわが好きなんですが、今朝は簡単な炊きおこわに。
黒ゴマ塩と一緒に食べます。
小豆にはビタミンCが豊富に含まれています。
そのビタミンCも熱に強いので炊いても大丈夫です。
果物や緑茶に含まれるビタミンCは、身体を冷やす作用も強いので、
この寒い時期には常食はおすすめできません。
小豆やレンコン、海藻に含まれるビタミンCは身体を冷やさないビタミンCなので、お薦めします。
小豆は、餡にして食べると多くの砂糖を食べることになり、お勧めできません。
小豆以外の豆も栄養価は高いので、お薦めです。
和え物に加えたり、煮物に加えたりして身近な食材にしてみてください。
日本では、大豆は、味噌や醤油、豆腐や高野豆腐として常食をしてきました。
また、海藻も手軽に摂ってきた食材です。
伝統的な和食は、ビタミンCもしっかり摂れていましたね♪

今日は、満月。

今日は満月です。
新月・満月は大潮です。
以前、淡路島の落合農園さんにお話をうかがった時に、
満月、新月で植物は大きく変化をしていると言われました。
台風が近づいてきても、植物は生命を守ろうと対応するそうです。
私たちの身体も、体内時計が備わっていて、一日中、内臓をコントロールしていることがわかってきました。
それは、太陽の黒点やフレア、月の満ち欠け、宇宙の運行にも影響を受けていることがわかってきました。
そう、私たちも、この自然の中から生まれてきた哺乳動物の一種なのです。
精密で高度な自律神経が宇宙とコンタクトを取りながら、生命を生かそうと細胞を働かせています。
ところが、現代の生活は、この宇宙の運行を無視した環境で過ごしています。
そのために、自律神経が不安定になってしまう。
すると、私たちの身体に備わっている“身体を元に(健康に)戻そうとする力”が弱まってしまいます。
薬は、自律神経を安定させることはできませんし、化学合成で出来た物は、自律神経を不安定にしてしまいます。
自律神経が不安定な方は、満月や新月前後や気象の変化で症状が出やすくなります。
現代は、自然に沿った生活がし難い環境です。
その中で、食事を伝統的な和食に整えること、自然栽培の食品を摂ること、良く噛んで食べること、就寝や起床の時間を整えることなど、自然に沿った生活に近づけることはあります。
私が、お薦めしている、味噌汁とバイオリンクとご飯を食事の中心に据える食事もその一つです。
満月の今晩、宇宙の働きに感謝して過ごしてみてください(^^)/

今朝も味噌汁を食べて行ってきます!

DSC_5159

DSC_5158

今朝は、冬瓜、うすあげ、出汁をとったあとの羅臼昆布です。
冬瓜が残っていました!

全ての病気の元に、“慢性炎症”があるといわれています。
慢性炎症が起こってしまう原因の一つが、
死んだ細胞の食べ残しです。
私たちの身体は、毎日細胞が入れ替わっていて傷ついた細胞や古くなった細胞などを、
免疫細胞のマクロファージが食べて掃除をしています。
そのマクロファージが、加齢やストレスで働きが低下して、死んだ細胞を食べきれず、
食べ残しを増やしてしまいます。
その結果、死んだ細胞の食べ残しが、免疫細胞が働く刺激となって、炎症が収束せずに、
慢性的に炎症が続く状態になります。
食事を正すことは、マクロファージなどの免疫細胞の働きを整えて、死んだ細胞の食べ残しを増やさいない、慢性炎症を起こさないことにつながります。
しかし、現代は、様々なストレスに曝されています。
トマト薬局では、毎日のバイオリンク錠剤にプラスして、定期的にBCEx503やBCEx源液を飲むことをお薦めしています。
それは、死んだ細胞の食べ残しを作らないため、つまり、慢性炎症を起こさないためです。
今日は、週の初めの月曜日。
BCEx503を飲んでにこにこで過ごします\(^o^)/

今日は二十四節季の大雪(たいせつ)です。

今日は二十四節季の“大雪(たいせつ)”です。
『天地の氣が塞がり冬となる』頃です。
北風が強まり、冬将軍の到来の時季になりました!

今日は“寒い”!!
店が温まるのに時間がかかっています。
なのに、私は薄着で来てしまって寒い(*_*)
寒くなると、気が付くと身体を硬くしています。
“ふっ”と息を吐くと、肩がすとんと弛むのを感じませんか?
冬は無意識に身体に力が入っていますので、交感神経が優位になっています。
身体は、無意識に過緊張状態になっています。
勿論、これだけで自律神経のアンバランスが起こるわけではないのですが、
ここに、他のストレスが加わって自律神経のバランスが崩れてしまいます。
例えば、睡眠不足、暴飲暴食、過労、腸内環境を悪くするような食事、運動不足や運動のし過ぎなどなど。
自律神経のバランスが崩れることで、免疫力やホルモンのバランスが崩れて、心=脳の働きもバランスを崩して、様々な症状を引き起こしてしまいます。
だから、意識をして、呼吸をゆっくりする、湯船に浸かって身体を温める、自然の中を散歩する、瞑想をするなどなど、身体をリラックスさせることをしましょう。
そして、毎日の食事で、腸内環境を整えることがとても大切です。
バイオリンクと味噌汁とご飯を食事の中心に据える食事は、腸内環境を整え、様々なストレスに対する抵抗力を高めて、自分の身体を常に健康に保とうとする力を養います。
つまり、病気になり難い、病気に負けない身体作りが出来ます(^_^)v
さぁ、今日もにこにこで過ごします\(^o^)/

今朝も味噌汁を食べて行ってきます!

DSC_5165

DSC_5164

今朝は、生しいたけ、大根、三つ葉の味噌汁です。

12月は忙しい。
というか、暴飲暴食の季節です(笑)
クリスマスのケーキの注文からおせち料理の注文となんと忙しいことか(笑)
私が子供の頃(50年前(^_^;))は、クリスマスをしていなかったような(記憶さえ曖昧!)
覚えているのは、アイスクリームのケーキっていうのを買ってもらったとき。
アイスクリーム自体を頻繁に食べていなかったので、すごい感動したのを覚えています。
これが半世紀をへて、どんなに身体に悪いかを、私たちは人体実験をしてきたのかなぁ(^_^;)
日本人の私たちには、肉や卵、乳製品を常食する欧米食は体に合いません。
さらに、白砂糖や人工甘味料や液糖を使った食べ物やアルコールを常用することも。
これらは、麻薬に匹敵する、それ以上の習慣性があることがわかっています。
タバコやアルコールは、子供には法律で禁じられていますが、
欧米食やお菓子類は禁止されていません。
胎児から成人まで(脳の前頭葉が出来上るまでは23歳から30歳といわれています)は身体や心=脳を作っていく大切な期間です。
その時に食べるべき物、食べてはいけない物を伝えるのは大人の役目です。
それが、食文化です。
食は命。
食事のこと、身体のこと、心のことをお伝えしています。
12月、是非、お越しになって下さいね(^_^)v

今朝も味噌汁を食べて行ってきます!

DSC_5145

DSC_5144

今朝は、大根、白菜、うすあげ、出汁をとった後の羅臼昆布です。
暖かい日が続いているせいか、冬野菜はまだ美味しくならないよな?って思っていましたが、
すでに12月、しっかり冬野菜の時期です(^_^;)

昨日は、娘や息子が幼稚園児の頃にお友達になったママ友5人で、京都の南禅寺まで行ってきました。
知り合ってから23、24年経っていますが、今も、年に1、2回会ってお食事を楽しんでいます。
何かと笑う、笑えることが多くて、帰ってからも思い出しては“ふふふ”って笑っています!
私たちはいたって真面目なんですが、本当に笑えることが起こります?
起こします(笑)
これは、知り合った頃からずっとです(^_^)v
昨日はお天気にも恵まれて、最高の紅葉狩りができました。
目からも、口からも、鼻からも、空気(皮膚)からも・・・五感から寛げた時間でした♪
次回は、どんな楽しいことが起こるのか楽しみです(笑)

DSC_5139

IMG_20191201_223509_643