お知らせ&ブログ

カテゴリー別アーカイブ: 未分類

今朝は、ポタージュ。

DSC_7719

DSC_7717

今朝は、ポタージュです。
たまに食べたくなるポタージュ。
今朝は小かぶで作りました。
私は、バターは使わず、味付けも海の精という塩だけです。
牛乳は使いました(^_^;)
小かぶは皮を剥かず、材料は全てオーガニックです。

粘膜の免疫は細菌やウイルスなどの病原体から身体を守る最前線です。
その粘膜免疫を支えているIgA抗体。
IgAの殆どは粘膜に存在しています。
IgA抗体が低下すると風邪にかかり易くなることがわかっています(唾液中のIgA濃度と上気道感染症に罹る研究)
それと同時に、IgA抗体が低い時は疲労感も高いことがわかりました!
IgAは母乳にも多く存在して、赤ちゃんを病原菌から守っています。
IgA抗体は、粘膜、鼻や目、口、腸、肺、膣などに存在します。
免疫細胞のおよそ70%が腸管に存在します。
その免疫細胞の中にIgA抗体も含まれています。
腸内細菌の代謝産物によって、IgA抗体誘導細胞が産生され、腸管だけでなく、
血中に流れて、全身の粘膜を行き来しています。
腸内細菌叢の良し悪しが、IgA抗体の増減に影響し、粘膜免疫力に影響します。
さらに、血液の良し悪しも、IgA抗体の循環に影響しますので、粘膜免疫力には影響します。
食は命ですね♪
その食事も、身土不二、伝統食。
とはいえ、つい欧米食も食べたくなってしまいます(^_^;)
現代は、添加物などの問題、農作物の栄養過不足、体質に合わない食事などなど、
私たちの食環境は身体と心には厳しい状態です。
是非、バイオリンクをご活用下さい。
そして、安心、安全な食環境に変わるように、私たち大人が選択を変えるようにしましょう。
新型コロナウイルス感染症は、自分の免疫力を整えることが、最大の防御だということを教えてくれています。
是非、この時、食を見直して下さい。

今朝も味噌汁を食べて行ってきます!

DSC_7710

DSC_7709

今朝は、大根、出汁をとった後の羅臼l昆布、菊いもの味噌汁です。
今晩のおでんに入れた大根の面取りした部分の大根です。
お気に入りの菊いもと大根の旨味が加わって甘くて美味しい味噌汁です。
私は、出来る限りオーガニックな物を選んでいます。
だから野菜も皮などは剥かず、全てを食べるようにしています。
ベジブロスと言われるように野菜だけでもとても美味しい出汁がでます。
旨味はアミノ酸なので、野菜もアミノ酸は含まれています。
味噌汁は、具の野菜のアミノ酸と味噌の大豆のアミノ酸が含まれます。
ご飯にもアミノ酸が含まれますので、意外にもご飯と味噌汁はアミノ酸が摂れる食事です。
そこに、バイオリンクを足すと、ご飯と味噌汁で不足している必須アミノ酸(ヒトの身体では作れないアミノ酸)が全て摂れます!
私が、味噌汁とバイオリンクとご飯を食事の中心に据える食事をお勧めしている所以の一つです。
タンパク質(アミノ酸がたくさんつながったもの)は、肉や魚、鶏卵、牛乳など動物性のものを食べないといけないと思われがちですが、
動物性のものはタンパク質が多くて、腸内細菌のバランス異常をおこします。
うんちが臭くなりますよね!
動物性が悪いのではなく、摂り過ぎは危険ということです。
また、摂りすぎは日本人の体質には合わないということです。
さぁ、今日もバイオリンクと味噌汁でにこにこで過ごします(^_^)v

今朝も味噌汁を食べて行ってきます!

DSC_7699

DSC_7698

今朝は、白菜、うすあげ、長いも麩の味噌汁です。
やっと雨も上がって、今日は暖かい!
三月初めの陽気だそうです。
とはいえ、まだ1月。
三寒四温を繰り返しながら、春を迎えます。
まだまだ冬の土用中です。
しっかり食事と生活習慣を整えましょう。
食事を整えることで、生活習慣も整ってきます。
私たちの身体は、毎日様々なストレスによって、細胞を傷つけています。
その傷ついた細胞を寝ている間に免疫細胞が掃除して、新しい細胞がうまれます。
壊しては作り替える。
それには、ミトコンドリアで産生するエネルギーが(ATP)が必要です。
壊して作り替えるのに十分なエネルギー(ATP)が不足すると、修復が追い付かず、
睡眠の質が低下したり、眠れなくなったり、身体を動かすのが億劫になったり。
こんな時には、喫煙やカフェインの量が増えたり、暴飲暴食になったりなど依存症的な行動になりがちです。
エネルギー(ATP)の産生が増えてはないので傷ついた細胞の修復が出来ず、臓器が働きにくく、悪循環に陥ってしまいます。
食事を整えることで、ミトコンドリアでのエネルギー(ATP)産生が上がると、
傷ついた細胞が修復されるので、臓器が臓器として働きだします。
それで、睡眠の質が良くなり、身体をうごかしたりと好循環に戻すことができます。
食は命。
まずは、ミトコンドリアでのエネルギー(ATP)産生を上げましょう。
これは、身体の代謝が上がり、体温が上がり、身体が軽く、自律神経が安定してきます。
勿論、免疫力の働きも、ホルモンの働きも正常になってきます。
それは、脳=心も安定してきます。
これは、私たちに備わっている常に健康に保とうとする力に働きます。
様々なストレスに対する、抵抗力、リジリエンス(復元力)が高まります。
今、新型コロナウイルス感染症感染拡大に伴い、行動をするのにも躊躇したり、怖がったりと、
いつもよりストレスが増えています。
是非、食事を整えて下さい。
食事の改善にバイオリンクをご活用下さいね。

DSC_7702

相談机のお花です。
今朝は、フリージアを選びました。
香が和ませてくれます(^_^)v

今朝も味噌汁を食べて行ってきます!

DSC_7716

DSC_7715

今朝は、絹厚揚げ、小かぶの茎、寒天の味噌汁です。
暑い頃はサラダによく使っていた寒天ですが、寒くなって使っていませんでした。
今朝は厚揚げの油が強いので寒天を合わせました。

二日連続の雨です。
気圧の変動は自律神経が乱れます。
JALのホームページにも、離陸してからの機内の気圧変動に伴う体調の変化についてかいてあります。
私たちの身体には恒常性が備わっていて、常に一定に保つように自律神経がコントロールをしています。
でも、自律神経がアンバランスだと、環境の変化に対応できなくて恒常性を保てなくなります。
暴飲暴食や体質に合わない欧米食、インスタント食品やコンビニ食などの添加物や酸化した油が多い食事、睡眠不足、ストレスによる過緊張の持続などは、腸内細菌のバランス異常を招き、免疫力やホルモンのバランス異常もおこします。
これは、脳や心にまで影響を与えます。
人工的なものが多い環境の都会では、自然に囲まれた村と比べると、脳がストレスを感じやすくなっています。
そこへ、新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴う不安が加わって、今は、非常に自律神経が乱れやすくなっています。
この悪循環を招かないためにも、食事を整えて、腸内環境を整えることをお薦めしています。
ストレスがゼロになることはなく、また、ストレスも必要です。
ストレスに対するリジリエンス(復元力)や抵抗力を高めることが重要です。
それは、薬ができることではなく、食事や生活習慣を変えること、自分ですること、出来ることです。
とてもシンプルで簡単なのですが、これがなかなか難しいから病気が減りません。
是非、バイオリンクをご活用下さい。
さぁ、今日もバイオリンクと味噌汁でにこにこで過ごします(^_^)v

今朝も味噌汁を食べて行ってきます!

DSC_7709

今朝は、昨晩の残りの豚汁です。
珍しく、豚汁がのこりました。

久しぶりの雨の朝です。
意外に暖かい雨です。
“麹のレシピ”おのみさ著を買ったのは10年前になります。
この本の中に「麹は日本のオリジナルである」というフレーズに惹かれて買いました。
“アスペルギルス・オリゼー”
「麹は蒸した米にカビの仲間である麹菌という微生物をはんしょくさせたものです。
カビを使った発酵食品は韓国、中国、東南アジアにもありますが、日本の麹菌と同じ種類のカビを使う国は他にありません。」
だから、アスペルギルス・オリゼは国菌といわれています。
麹菌はタンパク質やでんぷんを酵素の働きを使って、アミノ酸や糖に分解して、
私たちが消化吸収しやすい形にしてくれます。
それだけでなく、栄養素も増やしてくれます。
醤油や味噌に使う大豆は、栄養価も高い食品ですが、サポニンという植物毒も多く含んでいます。
そのために、大豆そのものを食べることは、消化が悪く、返って胃腸をこわしてしまいます。
それを麹菌と合わせることで、消化吸収しやすく、植物毒を消し、さらに栄養素を増やしてくれる!!
そして、美味しくも
麹菌を使った醸造品は最も古いのが酒で、奈良時代の書物に出てくるそうです。
何百年も前から食べ続けてきたものは、その時代に起こった危機を乗り越えて、命を繋いでくれたものです。
新型コロナウイルスという新しいウイルスが登場した今こそ、伝統的な食べ物をいただき、
先祖の叡智を活かす時です。
味噌汁とバイオリンクとご飯を食事の中心に据える食事をお勧めしています(^_^)v

今朝も味噌汁を食べて行ってきます!

DSC_7697

DSC_7696

今朝は、沖縄もずく、絹ごし豆腐、青ネギの味噌汁です。
朝の味噌汁に青ネギを使うのが苦手な私ですが、
白ネギ、九条ネギ、青ネギを買ってしまったので使います(^_^;)

私は、バイオリンクは“おかずの一つ”と思って召上って頂いています。
私の地元の先輩にバイオリンク錠をお勧めした時も、“おかずの一品として召上って下さい”とお伝えしたら、
“それ(おかずの一品)、気に入った!”といって、購入してもらいました(^_^)v
バイオリンクは60%がアミノ酸、タンパク質です。
35%がバイオリンクエキス、数種類の核酸、多糖体、抗酸化物質、糖たんぱくです。
5%がミネラル、ビタミン、食物繊維、脂質類、葉緑素、カロチン、数種類のポリフェノール類です。
おかずの一品以上の栄養素、しかも、栄養素のバランスがとても良い!!
今日のお客様、バイオリンク錠を飲み始めて頂いて3か月。
ピアノを弾くのが大好きだったそうですが、体調を崩されてから8年間、弾く気力も体力もなくなっていたそうです。
それが、ピアノを弾いてみようかな?という気持ちがでて、少し弾いてみました。
といって下さいました。
改善されたい症状は全然改善されてないのですが、でも、一歩、半歩かもしれませんが、踏み出されています。
食は命です。
今日も、皆様の最強のおかずの一品として召上って頂きたいです。

今日から二十四節氣の“大寒(だいかん)”です。

DSC_7687

DSC_7685

今朝は、大根、しめじ、うすあげの味噌汁です。
実家の家庭菜園で採れた大根です。
とても、甘い。
この時期の根菜はとても甘くて美味しいですね。

今日から二十四節氣の“大寒(だいかん)”に入ります。
一年で最も寒い厳寒の頃です。
それでも、梅の花は咲き始め、ふきのとうは花茎をだし、春は確実に近づいています。
寒さも底。
でも、日照時間は確実に増えていますので、寒さももう少しだけです♪
この時期は、風邪などをひき易い、抵抗力が低下しやすい時期です。
口に入れるもので、身体を守りましょう(^_^)v
暴飲暴食厳禁!
身体を温める旬の根菜をいただきましょう。(できれば、オーガニックのものを。)
一口30回噛んでいただきましょう。
味噌汁をいただきましょう。
味噌汁は身体を温めますし、腸内細菌のバランス異常を防いで免疫力を整えます。
寒さに対する抵抗力を高め、リジリエンス(復元力)を高める時期です。
バイオリンクは太陽光をしっかり溜め込んだ生命力のある食品です。
ストレスに対する抵抗力のアップ、リジリエンス(復元力)のアップにご活用ください。
さぁ、大寒の時期もバイオリンクと味噌汁で元氣ににこにこで過ごします\(^o^)/

三寒四温。

DSC_7676

DSC_7675

今朝は、木綿豆腐、しめじ、わかめの味噌汁です。

今朝は冷たい朝でした。
“三寒四温”は冬の季語だそうです!
私は、早春の季語だと思っていました(^_^;)
確かに、ここ一か月は三寒四温です。
しかも気温差が大きい(-_-;)
冬のど真ん中とはいえ、日の入り時刻は遅くなっています。
春の訪れは確実に近づいています♪
冬は大気中の酸素量が一番少ない時期です。
大きな呼吸を意識してして下さい。
呼吸は無意識にしているので、自分がどんな呼吸をしているかを気付きにくいのですが、
ゆっくり吐く息は、肩の力が抜けるのを感じます。
ゆっくり吸う息は、肚が膨らんでいますか?肩が上がっていますか?
少しの時間で良いので呼吸を意識しましょう。
無意識に呼吸をしていますが、5分も呼吸ができなければ、私たちは死んでしまいます。
とても大切な呼吸。
自分の呼吸に意識をして、自分の身体に感謝をして下さい。
労わってあげて下さい。
さらに、私たちの身体を自動コントロールしている自律神経を、唯一意識的にコントロールできるのが呼吸と言われています。
冬の寒い時は自律神経の交感神経が過緊張になり易く、さらに三寒四温のように気温差や急激な気圧の変化が起こる時も、自律神経は乱れやすいので、数分で良いので、自分の呼吸に意識をすることをしてみて下さい。
自律神経が安定することは、免疫力も安定します(^^)/
反対に、自律神経が乱れていることは、免疫力も乱れてきます。
冬は免疫力が低下しやすい所以ですね。
さぁ、今日もバイオリンクと味噌汁でにこにこで過ごします♪

17日から冬の土用に入りました。

DSC_7668

DSC_7665

今朝の味噌汁は、木綿豆腐、生しいたけ、出汁をとった後の羅臼昆布です。

17日から2月2日までの17日間は冬の土用です。
土用は、立春、立冬、立秋、立冬の前17日間にあり、季節の変わり目に当たります。
寒さはまだまだ底ですが、自然の流れは春へと移行し始めました。
土用の時期は、胃腸に負担をかけない生活を心がけましょう。
暴飲暴食は厳禁。
反対に、土用期間中の断食は胃腸を休め、エネルギー(氣)の補給に繋がります。
特に、寒さが一番厳しいこれからは、免疫力も低下しやすい時です。
新型コロナウイルスも猛威を奮っていますので、
日本人の体質にあった伝統的な和食を、よく噛んで食べることをお薦めします。
砂糖を使ったお菓子や脂が多い肉やチーズ、油が多いスナック菓子やインスタントやレトルトの食品、ビールや添加物の多い発泡酒、冷たいスムージー、酢を使った飲み物などを控えましょう。
お勧めは、一汁一菜。
根菜を中心にした旬の野菜や乾物や豆をことこと煮て、味噌や醤油や海水塩で食べたり、葛湯、日本酒の熱燗、焼き芋や餅などを適量食べるのがお薦めです。
トマト薬局では、バイオリンクと味噌汁とご飯を食事の中心に据える食事をお勧めしています(^_^)v
健康を保つ食事は、非常にシンプル。
何故か?
それは伝統食だからです。
身土不二。
ところが、現代はグローバル食?(笑)
体質も自然環境もちがう世界の人が、同じ食事(欧米食やインスタント食など)を食べるようになってしまいました。
さらに、簡単便利を追及したために、食べ物に生命力がない工業製品になってしまいました。
食は命。
トマト薬局では、バイオリンクと味噌汁とご飯を食事の中心に据える食事をお勧めしています。
この健康法もとてもシンプルです。
さぁ、今日もにこにこで過ごします(^_^)v

今朝も味噌汁を食べて行ってきます!

DSC_7642

DSC_7640

今朝は、白菜、九条ねぎ、生しいたけ、わかめの味噌汁です。
六日前の夕ご飯の鍋で残った野菜をタッパーウエアに入れて冷蔵庫に入れていたのですが、
すっかり忘れていて、今朝、タッパーウエアの蓋を開けて、思い出したぁ(^_^;)
ねぎも甘くて美味しい季節ですね。

緊急事態宣言が発令されました。
不要不急の外出の自粛の要請が出ています。
自分の心と身体の健康を守るために、出来ることをしましょう。
食事を整える。
意識して、深い呼吸をする機会を作る。
あ・い・う・べぇー体操をする。
鼻呼吸を意識する。
ストレッチなどの身体を解す体操をする。
鏡を見て、口角を上げる。
笑う。
睡眠の確保。
情報の断食をする。
今日の様にお天気が良くて、暖かい日は散歩を楽しむ。
一口30回噛んで食べる。などなど。
これって、自粛でない時でもすると、心と身体を健康に保つことですね♪
全ての病気の予防です(^_^)v
バイオリンクと味噌汁とご飯を食事の中心に据える食事も、是非習慣にしてください。