お知らせ&ブログ

カテゴリー別アーカイブ: 未分類

今朝も味噌汁を食べて行ってきます!

DSC_7093

DSC_7092

今朝は、しめじ、木綿豆腐、出汁をとった後の羅臼昆布です。

日の入りも、日の出の時間も遅くなってきました。
朝、家の近くをふらっとお散歩をするのですが、
6時まえでもうす暗い(^_^;)
空が暗いと、同じ景色も違ってみえるような!?
私の心(空)で、見え方は変わるんだなぁって思います!
心はいつでも自由♪
元氣は心を曇らせづらいような気がします!
元氣には腸の状態がとても重要です。
だから、食事はとても大切です。
バイオリンクと味噌汁とご飯を食事の中心に据える食事をおすすめします!

今日から二十四節氣の“霜降(そうこう)”に入ります。

今日から二十四節氣の“霜降(そうこう)”に入ります。
露が陰の氣に結ばれて、霜となって降りる頃です。
秋も晩秋に入ってきました。
朝晩の冷え込みが厳しくなって、風も“木枯らし”に!
もみじや蔦が紅葉して、いよいよ冬の到来が感じられる頃です。
今日は雨の朝でした。
朝は、雨でしたが意外に暖かく感じましたが、雨が止んで曇天の午後は寒くなっています。
秋冬は、陰の氣が強く、空気中の酸素量が減ってきます。
呼吸を意識して、深い呼吸を心がけましょう。
ここで質問、ひとりが1年間に必要な酸素は何本の木が必要でしょうか?
樹木は、二酸化炭素と根から吸い上げた水と日光で光合成をして、結果として酸素をだします。
森林の働きの一つは、空気をきれいすることです。
二酸化炭素を酸素に変える作用は樹木の種類や樹齢、生育する場所、季節によって違うので一概に言えなのですが、例えとして、樹齢30年の直径25センチ、高さ20メートルの杉の木だと、
ひとりが1年間に必要な酸素は14本も必要になります。
ヒトは、呼吸が出来なくなると、数分で死んでしまいます。
だから、森林もとても大切な場所ですが、日本だけでなく、地球上で減少しています。
それは、私達ヒトが便利で快適な生活を求め過ぎた結果です。
森林からは酸素だけでなく、もっと多くの恩恵を受けています。
私たちにとってもかけがえのない財産です。
だから、この恩恵を我々の子孫に引き継いでいかなければいけません。
熊本県小国町でTAO塾をされている波多野毅先生は、
これからは“原始力”を使おうといわれています。
私は先日インスタグラムで“経木(きょうぎ)”を見つけました。

IMG_20201016_225228_076
私が子供のころは、食品を包むのに使われていたように思います。
身近に使われていたんですね。
私も、出来ることから“原始力”を使っていこうと思っています。
早々にインターネットで経木を買いました。
まだまだ使いこなせていませんが、
父が今年も畑で栽培したさつまいもを送ってくれたので、さつまいも餡を作ってさつまいも饅頭をつくりました。
いつもは、オーブンペーパーを使うのですが、今日は経木を使ってみました。
IMG_20201023_084025_871
これからは、落としぶた代わりに、敷き紙の代わりに、おにぎりを包んだりなどなど、
いろいろ使っていこうと思っています。

今朝も味噌汁を食べて行ってきます!

DSC_7068

DSC_7067

今朝は、かんぴょう、うすあげ、しめじ、わかめの味噌汁です。
かんぴょうとうすあげの取り合わせが好きです。
これ、煮物にしたものも好きです♪

健康の秘訣を探されている方が多いような気がします。
私は、伝統的な食文化が人種にあった健康の秘訣だと思っています。
それを、続けるか、続けられないか。
それが、健康で幸せを感じられる心と体になるか、ならないかを決めるように思います。
トマト薬局では、バイオリンクと味噌汁とご飯を食事の中心に据える食事をお勧めしています。
明日は、二十四節氣の“霜降(そうこう)”に入ります。
いよいよ秋も晩秋ですね。

 

今朝も味噌汁を食べて行ってきます!

DSC_7043

DSC_7042

今朝は、しめじ、小かぶの茎、うすあげ、わかめの味噌汁です。
小かぶは大好きな野菜の一つです。
葉も食べやすいので丸ごと全部食べれます。

今日から立冬前の11/6日までの18日間が秋の土用になります。
土用は次の季節へ向かうために、身体を整える期間です。
暴飲暴食は控えて、口に入れる物は吟味してください。
夕食だけを食べないプチ断食などもお勧めです。
土用の時期は味噌などの醗酵食品はお勧めです(^_^)v
味噌汁とバイオリンクとご飯を食事の中心に据える食事は、土用の時期もお薦めです。

今朝も味噌汁を食べて行ってきます!

DSC_6962

DSC_6961

今朝は、にら、木綿豆腐の味噌汁です。
にらが嫌いではないのですが、あまり買いません(-_-;)
私にしては、朝の味噌汁に匂いの強い野菜を使いました。
緑が濃い!

マスクの着用の弊害の一つは、口呼吸になることです。
それでなくても現代は口呼吸の方が多いと言われています。
口呼吸になってしまう原因の一つが、舌筋の低下で舌が下がってしまうことだと言われています。
現代人は軟らかいものばかりを食べているので咀嚼回数が少ないために、舌の筋力が弱っています。
おまけに牛乳やスムージー、ゼリーなどカロリーを飲むもので摂ってしまっています(*_*)
マスクは保湿になるので良いと思われますが、本来鼻呼吸ならば乾燥は防げるようになっています。
みらいクリニック院長の今井先生は、口呼吸の改善のために“あ・い・う・べー体操”を推奨されています。
口呼吸から鼻呼吸に変わったことで、免疫力が整い、
インフルエンザに罹り難いとか、アトピー性皮膚炎が改善したという報告もあります。
また、口呼吸をしないためには、咀嚼回数を増やすことも大切です。
一口、“ありがとうございます”を3回頭で唱えると30回になります。
咀嚼回数が増えることは、脳の活性化、認知症予防、歯並びを良くする、解毒酵素の活性化、若返りのホルモンの分泌、鼻呼吸になる、身体が温まる(冷えの予防)、免疫力の活性化などなど健康に過ごせる要素が満載です。
と、わかっていても、私もなかなか噛めません(ー_ー)!!
そんな方には、あ・い・う・べー体操をお薦めします。
バイオリンクもお薦めしますよ(^_^)v
マスクの着用は、もうしばらくは続くと思いますので、是非、トライしてください。

今朝も味噌汁を食べて行ってきます!

DSC_6941

DSC_6940

今朝は、うすあげ、茄子、さつまいも、しめじの味噌汁です。
実家の味噌汁は、畑で採れた野菜や残りの野菜と具だくさんの味噌汁です。
今朝は、それを見習って、実家の畑で採れた茄子、さつまいもも使って具だくさん味噌汁です。

10月4日に、助産師の岡野眞規代さんの講演を聴きました。
岡野さんは、助産師なってすぐは、公立病院で助産師として働かれます。
マニュアル化された公立病院でのお産は、お産に時間がかかると妊婦さんと赤ちゃんの安全のためにと、薬を使って陣痛を起こしたり、当たり前の様に会陰切開をしたり、吸引器で赤ちゃんの頭を引っ張ったりという医療の出産でした。また、帝王切開も非常に増えているという現状に、だんだんと疑問をもたれます。
ヒトは何千、何万年まえから、赤ちゃんを産み育ててきた自然の営みのはず。
だから、お産はお母さんの力で産む自然のお産が出来るのではないか!?
そんな時に、日本における自然分娩のパイオニア吉村医院の吉村正先生の講演を聴かれます。
吉村先生のお話に衝撃を受けて、47歳から5年間、婦長として吉村医院の自然なお産をみてこられました。
岡野さんは、吉村医院で産まれた赤ちゃんのキラキラでピカピカの目に驚き、
産んだお母さんの幸福感に溢れた笑顔にも驚かれます。
さらに、出産に立ち会ったご主人や家族、助産師さんなどその場にいるみんなが幸福感に包まれる出産に感動したそうです。
一人一人、お産は全部違うけれども、産まれてくる赤ちゃんの目はキラキラでピカピカ、お母さんの幸福感と充実感に包まれた笑顔はいつも一緒だったそうです。
そして、みんなを幸せにするお産があるんだ!!と。
岡野さんは、これをとにかく伝えたい、皆に知ってもらいたいと思われて、講演活動や吉村医院でのことを書かれた本を出版されたりの活動をされてこられました。
『メクルメクいのちの秘密 ピカピカの赤ちゃんが教えてくれた。岡野眞規代著、地湧社
是非、この本を読んで下さい。
医療が関わる出産が間違いだとか、自然なお産が正しいとかではなく、こういうお産もあるんだということを知ってほしい。
吉村先生は妊婦さんに、ごろごろ、びくびく、ぱくぱくするな!と口を酸っぱくして言われていたそうです。
ごろごろしていないで、身体をしっかり動かしなさい。
先のことを不安に思ってびくびく怖がっていないで、今をしっかり生きなさい。情報に踊らされるな。
パクパク食べるな!和食を食べなさい。
だそうです。
これ、妊婦さんだけでなく、皆が健康に生きるために必要なことです。

今日は私の長女(第一子)の誕生日です。
私の長女出産は、病院で出産しました。
この経験があるから、今、私も、岡野さんの活動をお応援したいし、私も皆さんに伝えたいと熱く思っています。
皆が幸せになること♪
あっ、バイオリンクの製造販売元クロレラ工業さんの社是は、
人類に健康と幸せ
です(^_^)v

今朝も味噌汁を食べて行ってきます!

DSC_6917

DSC_6916

今朝は、鳴門金時、わかめの味噌汁です。

今日から二十四節気の“寒露(かんろ)”です。
白露に次いで、草花に宿る露のことです。
いよいよ冷たい露になってくる頃です。
「陰寒の氣」が草木に降りてくる頃。
山では木の葉が色づき始め、里では稲刈りがはじまり、秋の気配が深まる頃です。
とはいえ、本格的な寒さではなく、晴天も多い時期です。
夜空も星や月が綺麗にみられる頃です。
深い呼吸を意識して、しっかり身体を動かしましょう。
夜が長くなってきました。
早寝遅起き(笑)
夏の間、汗をかいて氣・血を消耗してしいますので、しっかり睡眠をとって氣・血を補いましょう。
眠れない方、ご相談下さいね。
では、今日もバイオリンクで、にこにこで過ごします(^_^)v

今朝も味噌汁を食べて行ってきます!

DSC_6882

DSC_6881

今朝は、かんぴょう、わかめ、鶏卵の味噌汁です。
久しぶりのかんぴょうです。
少し前に購入していましたが、暑かったせいか、戻す作業をする気になりませんでした。
買ったことさえ忘れていました(^_^;)
涼しくなってきたのと、野菜の端境期になったので、乾物を利用しようと戻しました♪
乾物は栄養価が高いだけでなく、保存が利く、軽いなど便利な食材です。
干瓢はカルシウムとマグネシウムのバランスが、ヒトが体内に吸収して利用するのに抜群のバランスになっています。
骨には牛乳と思っている方も多いですが、カルシウムの体内での利用率を考えると、干瓢は勝るとも劣らない食材になります(^_^)v

とても鮮やかな色の百日紅も枯れだして、秋の気配が濃くなってきましたね。
秋冬は、乾燥と低温で、私たちの免疫の最前線の皮膚や粘膜にとっては、非常に厳しい環境になります。
寒暖差は、毛細血管の血流の悪化を招きやすいので、夜はゆっくりと湯船に浸かって下さいね。
顔はマッサージをされる方は多いと思いますが、この時期、ボディローションで身体もマッサージを皮膚を刺激して、血行の改善になるのでお勧めです。
さらに、味噌汁とバイオリンクとご飯を食事の中心に据える食事をして下さると、
皮膚や粘膜の強化に繋がります♪

今朝も味噌汁を食べて行ってきます!

DSC_6864

DSC_6863

今朝は、絹ごし豆腐、わかめ、青ネギの味噌汁です。

陽が暮れると寒く感じる頃となりましたね。
昼間の気温は、動くと汗ばむくらい暑くて、一日の寒暖差が大きい季節の変わり目ですね。
自律神経のバランスも、免疫力のバランスも、ホルモンのバランスも、
腸内環境(身体に棲む微生物)が影響していると言われています。
先日来られたお客様に、「バイオリンクで性格ってかわりますか?」とたずねられました。
私は「?」って顔をしていたのでしょうか、
続けてお客様が「バイオリンクを飲みだした長男(中学生)の機嫌が良くなっているんです。」と。
朝、登校する時も機嫌よく出かけられるとのこと。
私は、「バイオリンクで性格が変わるかどうかはわからないけど、機嫌が良いのは体調が良い証拠です」と、言いました。
疲れて身体がだるかったりしたら、機嫌よくはいられません。
毎日45粒を続けて飲んで下さっているので、2か月という速さで実感して下さいました。
現代は、様々なストレスの中で生活をしています。
それなのに、食べ物は非常に悪くなって、必要な栄養素の不足が続いてしまっています。
食べ物だけでなく、空気も悪くなっています。
子どもは食べた物で心と体を作る時です。
是非、バイオリンクを飲んで下さい。

今朝も味噌汁を食べて行ってきます!

DSC_6767

DSC_6766

今朝は、絹ごし豆腐、原木生しいたけ、出汁をとった後の羅臼昆布です。
生しいたけと豆腐の組み合わせは好きな味噌汁の一つです。
今朝も生しいたけの出汁が効いて、こくのある味噌汁です。

『今朝も味噌汁を食べて行ってきます』のブログも長くなります。
店頭でお客様とお話をしていて、味噌汁を食べていない方が多いのに驚いのと、
ご飯(米)を食べていない方、特に朝食がパンの方が多いのに驚いて、
味噌汁を食べてほしくて、米を食べてほしくて、『味噌汁』ブログになりました。
こんなブログで、味噌汁人口が増えるわけではないのですが、
飽きずに続けています。
癌の闘病で、毎朝の牛乳とパンの朝食を、味噌汁とご飯に変えて下さった男性のお客様は、
奥様に頼らずに、毎晩、明朝の味噌汁の具を準備して、ご自分で作って下さっています。
御相談に来て下さった十代や二十代の若い方が、ブログをみて、
「味噌汁って身体に良いんですか?」って、たずねて下さったりもします。
そんな時は正直“非常に嬉しい”です(笑)
現代は、生活のスタイルが変化して、朝に味噌汁を作ったり食べたりが難しかったり、
味噌が本来の作りかたではない味噌もどきだったりなどなど、気になるところは、
“バイオリンク”にお願いをして(^_^;)、
とにかく、味噌汁とバイオリンクとご飯を食事の中心に据える食事をお勧めします。
新型コロナウイルス感染症の感染拡大によって、自分の身体に備わっている免疫力を整えておくことが、最大の予防であることは周知の事実です。
免疫力を整える上で、食事は重要な要素です。
免疫力を上げる食材を食べることよりも、
伝統的な日本の食事のスタイル“ご飯を主食に一汁一菜”を心がけることが、
私は、本来備わっている免疫力を整えることに繋がると思っています。
自然の中から生まれた私達も自然に逆らって生きることは、
エネルギーの浪費が多くなります。
是非、味噌汁とバイオリンクとご飯を食事の中心にした食事を実践してください。