お知らせ&ブログ

カテゴリー別アーカイブ: 未分類

今朝も味噌汁を食べて行ってきます!

DSC_5018

DSC_5017

今朝は、木綿豆腐、乾のりの味噌汁です。

“寒い”!
今日は、冷たい風が吹いて寒い一日です。
11月も半ば、当たり前といえば当たり前!!
今年も急激な気温の変化です。
明日の朝が今季一番の冷え込みだそうです。
気温の変化や気圧の変化には、自律神経に影響を与えます。
それは、免疫力バランスや内分泌にも影響を与えています。
この気温や気圧の変化に抵抗力をつけておくことが、自律神経を安定させ、免疫力や内分泌も安定させることにつながります。
まずは、粘膜を鍛えること。
粘膜は鼻や口の中、そして、腸壁や気道など身体の中で外と接している所にあります。
粘膜は、毛細血管やリンパ管が外からの刺激から身体を守るために縦横無尽に張り巡らされています。
ここを強くするためには、血液を汚さないための食事や運動やストレスの緩和が重要です。
気候変動に対する抵抗力を高めること、リジリエンスを高めることが、
これからを健康に過ごす一つだと考えています。
是非、ご相談下さい。

今朝も味噌汁を食べて行ってきます!

DSC_4994

DSC_4993

今朝は、生しいたけ、小かぶの茎、出汁をとった後の羅臼昆布の味噌汁です。

今日は二十四節季の“立冬(りっとう)”です。
『冬の氣が初めてたつ』節気です。
冬の到来です!
昼間は、歩くと汗ばむこともありますが、
朝夕の気温の冷え込みや、陽が暮れる時間が早くなったりと、確実に冬に近づいています。
気候が変わってきてから、本当に秋が短くなりました。
特に今年は10月が気温が高い日が多かったせいか、
今年も残り二か月足らずとは感じられないのは私だけでしょうか(笑)
とはいえ、世間ではおせち料理や年賀状、クリスマスや忘年会などなど、
確実に年末商戦(笑)
とにかく、元氣で楽しく2019年を過ごしましょう♪

相談机のお花

DSC_4986

いつも、相談机には生花を飾っています。
生花は毎日、顔が変わります。
蕾だった花が開いて、枯れるまで、きっと、一瞬たりとも同じ時はないのだろうと思います。
それがとても好きです。
お花を買う時の気分で、色や形が違ってきます。
大好きな薔薇が多いかなぁ。
今日は、この形がとても可愛らしくて選びました。
黄色も元氣になれる色です。
お越しの際は、お花にも注目をしてくださいね。

臨時休業のお知らせ。

明日、11月6日(水曜日)は臨時休業をします。
ご迷惑をおかけして申し訳ございません。

今朝も味噌汁を食べて行ってきます!

DSC_4971

DSC_4970

今朝は、坊ちゃんかぼちゃ、わかめの味噌汁です。
風が冷たくなって、陽射しが温かく心地良くなってきました。
11月ならこれくらいの気温でもおかしくないのでしょうが、
暑い10月だったので、急激な気温の変化に身体も心も戸惑っていますね。

インフルエンザが流行しているとか。
急な気温の低下と乾燥、気温差、夏から続いた暑さの疲れなど様々なストレスから
流行していると思われます。
インフルエンザなどのウイルスヤ細菌の増殖で症状がでる病気は、ウイルスや細菌が原因と思われますが、問題なのは、私たちの身体の免疫力(自己治癒力)の状態が問題です。
最近の様に、様々な感染症が例年より早くに流行しているのは、自己治癒力が低下しているとしか思えません。
自己治癒力は、日々の食習慣や生活習慣、運動、意識の持ち方で変わってきます。
不摂生な生活や過剰な労働や運動などは、まずは、ミトコンドリアでエネルギーを作る力を低下させます。
それは、古い細胞や傷ついた細胞の入れ替わりの遅れを招き、自己治癒力を弱らせ、体だけでなく心や脳神経の病気を引き起こしてしまいます。
薬では、症状を抑えることはできても、ミトコンドリアでのエネルギー産生を増やすことはできません。
トマト薬局では、ミトコンドリアでのエネルギー産生を増やす食事や生活習慣などのアドバイスをしています。
これは、不妊やがん、糖尿病、認知症、免疫疾患などなど全ての病気の予防や、改善につながります。
是非、ご相談下さい。

今朝も味噌汁を食べて行ってきます!

DSC_4932

DSC_4931

今朝は、冬瓜、うすあげ、わかめの味噌汁です。

11月に入りました!
気候変動で、秋が暑い日が多くなったせいか、11月と言われても・・・今年も残り2か月なんて実感がわかないのは私だけでしょうか(笑)
11月初旬は、1年の中で晴天が多い時期だとか!?
今日は、天高く晴天の一日です。
朝、千里山駅の近くを歩いていると、幼稚園や小学校の子供たちが遠足へ出かけているのに出くわします。
行楽日和♪
『自然欠乏症候群-体と心のその「つらさ」、自然不足が原因です』の著者山本竜隆先生は、
現代人は、ヒトも自然の中から生まれてきた一つの種だということを忘れてしまっていると言われています。
太陽、月、宇宙、空気や水、食べ物、音、匂いなどなど様々な自然環境に私たちの細胞は反応して働いている・命を営んでいることを忘れてしまっています。
私たちの身体も心も、宇宙のリズムの中で営まれているということ。
それを、私たちは化学的なことを施していない大地の作物や海の住む生き物から受け取っています。
でも、現代は、旬を無視したものを食べている、農薬や化学肥料を使った物を食べている、海外の物を食べている、既に自然ではない化学合成品を食べているなど、
つまり、宇宙のリズムを無視した自然から遠ざかったものを身体に入れるのことで、
命の営みに支障をきたしています。
まずは、天気が良い休日は、是非、自然の中で過ごしてください!
山本竜隆先生の「裸足で土の上に立ったのは何日前ですか?」の問いに
私は、何か月前?えっ、数年前?と思い出せないくらい、裸足で大地に立っていません(-_-;)
3日、4日と連休でお天気も晴天の予報です。
是非、自然を、宇宙のリズムを感じてください。
そして、米を主食に主に旬の野菜や海藻、魚を食べる伝統的な和食は、宇宙のリズムを取り入れる食文化です。
旬の野菜を具に使った味噌汁とバイオリンクとご飯を食事の中心に据える食事を続けることも、宇宙のリズムを身体に取り入れる食習慣です。
食は命なんです(^^)/

今朝も味噌汁を食べて行ってきます!

DSC_4917

DSC_4915

今朝は、さつまいも、小松菜、わかめの味噌汁です。

昨日は、バイオリンクを取り扱っている薬局・薬店が集まっての研究会でした。
講師にお招きしたのは、大阪大学微生物病研究所教授 高倉伸幸先生です。
お話は、“ゴースト血管”について。
このゴースト血管が、お肌のたるみ・しみだけでなく、がんや認知症・骨粗鬆・アトピー性皮膚炎・黄斑変性症・糖尿病性腎炎・糖尿病性網膜炎などなど様々な病気に関係していることがわかってきました。
毛細血管の“ゴースト血管”化を防ぐことが、健康で若々しく過ごす秘訣です♪
まず、“ゴースト血管”ってなにかしらってお話からしますね。
私たちの身体を縦横無尽に巡っている血管の95%~99%は、髪の毛よりも細い毛細血管です。
この毛細血管の構造は、他の動脈や静脈に比べると、脆くて壊れやすい構造です。
その毛細血管がダメージをうけて、構造が壊れることで、血液が流れにくくなり、ついには血管が無くなってしまう状態です。
原因は、老化、高血糖・高脂質状態、運動不足、ストレスなどによる緊張の持続が主なものです。
手の甲の肉をつまみ上げてはなすと、直ぐに元に戻るかたと、そうでない方。
直ぐに元にもどらないのが、毛細血管の“ゴースト”化が起こってきています。
毛細血管は内臓の奥深くにも巡っているので、内臓の毛細血管がゴースト化することで、
臓器本来の働きが低下して、様々な病気を招いてしまいます。
毛細血管の働きは、身体の隅々に、栄養と酸素を運び、老廃物や二酸化炭素を回収することです。
だから、“ゴースト血管”が増えてしまうと、どんなに栄養素をとっても、臓器に届けることが出来ない上に、老廃物は溜まってしまって炎症を起こしてしまいます。
まずは、毛細血管のゴースト化を修復することが大切だし、ゴースト化を起こさせない生活をすることが大切です!!
身体の中で毛細血管のゴースト化を防ぐ因子は見つかっていますが、この因子を合成するのは、
不安定で非常に難しくてできません。
だから、天然素材で食品から摂ることが、ゴースト化を防ぐことにつながります!
そこで、バイオリンクエキス!
バイオリンクエキスは毛細血管の構造を維持して、働きを維持する食品であることがわかってきました!!
さらに、バイオリンクエキスは、糖化や炎症の原因である不要な活性酸素をも除去する食品です。
老化は免れないことですが、個人差が大きいものです。
年齢よりもお肌が綺麗で若々しく見える方とそうでない方の差は、この毛細血管のゴースト化が大きく影響しています。
味噌汁とバイオリンクとご飯を中心にする食事に、バイオリンクエキスを足す生活は、
毛細血管のゴースト化を防ぎ、若々しく健康に過ごすコツです(^^)/
昨日の高倉先生のお話の中で、癌細胞の周りや中は、ゴースト血管化進んでいるので、
抗がん剤などの薬を飲んだり点滴をしても、癌細胞に届かない現象もおきているそうです。
まずは、ゴースト血管を修復してからの治療が有効になります。
癌の治療をされる時は、是非ご相談ください。

今日は二十四節季の“霜降(そうこう)”です。

今日は、二十四節季の霜降(そうこう)です。
文字通りの、霜も降りる寒さのくる頃です。
とはいえ、昨日まで暑かった(*_*)
今日はというと、冷たい雨が降っています。
気候の急激な変化に身体がついていけず体調を崩している方が増えています。
自律神経の乱れは、免疫やホルモンのバランスや、脳=心までも不安定にしてしまいます。
身体と心の抵抗力をつけることが、これからの時代を健康で幸せに過ごすこつです。
それには、食事はとても重要になってきます。
肉や乳製品を中心にした欧米食、添加物や農薬などの化学薬品が多い食生活は、腸内環境が乱れてしまいます。
ご飯と季節の野菜、海藻を中心とした伝統的な和食は、腸内環境を整えて身体と心の抵抗力を高める食事です。
しかし、現代は簡単に伝統的な和食が摂れる環境ではありません。
だから、私は、バイオリンクと味噌汁とご飯を中心に据える食事をお勧めしています。
勿論、我が家はバイオリンクと味噌汁とご飯を中心とした食事で、元氣に陽気に過ごしています(^^)/

今朝も味噌汁を食べて行ってきます!

DSC_4846

DSC_4845

今朝は、じゃがいも、わかめ、大根の味噌汁です。

急に気温が下がってきました。
昨晩は冬のお布団を出して寝ました。
急な気温の変化や、気圧の変化などは、自律神経のアンバランスを招く大きな要因の一つです。
一日のうちでも自律神経がアンバランスが起きやすいのが朝です。
朝は、低くなった体温を上げて活動モードに変える大切な時間です。
朝に味噌汁を食べることは、胃腸の働きを高めて、内臓を温めるのに役立ちます。
「朝ご飯を食べるのが苦手」な方も、味噌汁の汁だけを飲むだけでも違います。
特に、お子さんたちには、この味噌汁とバイオリンクとご飯の朝食をお勧めします(^_^)v
自律神経が乱れることは、免疫力やホルモンのバランスまで乱れてしまいます。
それは、心や脳にまで影響しています。
様々なストレスに、強くなる身体と心を作ることが、身体と心のリジリエンスを高めることが、
健康で幸せに過ごすこつです。

今朝も味噌汁を食べて行ってきます!

DSC_4758

DSC_4757

今朝は、玉ねぎ、あおさ、出汁をとったあとの羅臼昆布。
私は、玉ねぎは好きな野菜の一つですが、味噌汁だけは、あまり好きではありません。
でも、食べると甘くて嫌いではないのですが(^_^;)

今日は二十四節季の“寒露(かんろ)”です。
陰の氣が草木に降りてくる頃。
山では木の葉が色づきはじめ、里では稲刈りが始まり、秋の気配が深まる頃です。
私は、食事を見直してからは、果物を殆ど買いません。
以前は大好きだったので、果物でお腹がいっぱいになるくらいに食べていました(^_^;)
果物は、非常に身体を冷やす食品に含まれます。
子供の頃、夜に柿を食べていたら祖母に「お腹が冷えるからたくさん食べたらいけんよ」と言われていたのを思い出します。
果物の特徴は水分が多くて、甘い。
確かに身体を冷やします。
果物を買わない我が家ですが、この時期たくさんの果物をいただきます。
ぶどう、なし、柿、りんご、みかん!
また、非常に甘い!
そして、果物は多くの農薬が使われています(*_*)
果物を食べる時は、干した果物や火を通して食べたり、料理に入れたりして、
食べ過ぎにならない工夫が必要です。
10月にしては暑い日が続いていましたが、今日は気温が低くなってきました。
食事の影響は、こんなに気候が急に変化する時に現れます。
鼻の調子が悪くなっていませんか?
咳が出ていませんか?
便秘になっていませんか?
皮膚にトラブルがでていませんか?
気持ちが沈んでいませんか?などなど。
是非、ご相談ください。