お知らせ&ブログ

カテゴリー別アーカイブ: 未分類

今朝も味噌汁を食べて行ってきます!

DSC_8447

DSC_8446

今朝は、絹さや、うすあげの味噌汁です。
鞘ごと食べる豆が出回り始めると、初夏ですね。
豆が好きな私は、鞘ごと食べる絹さや、いんげん、スナップえんどう、モロッコいんげんなども大好きです。
食べるのも好きですが、収穫も好き。
実家の畑で、「あっ、ここにも、ここにも」って感じで、きりがないくらいに収穫できます。
畑仕事は、父がしているのですが、父は満86歳。
田舎なので、畑は広い(*_*)
そろそろ無理かなぁと思っていたところ、
親しくして下さっている父より一回り若いご近所の方が、定年退職をされて暇にしているからと、畑や家周りの力仕事を、手伝ってくださっています。
今年の絹さやの垣は立派なのができました!!
両親は、畑が見違えるように綺麗になったと喜んでいます。
本当に有難いです<m(__)m>
電話で、夏野菜の苗を買いに行ったと話す父の声もいつもより楽しそうに聞こえました♪
離れて暮らす高齢の両親ですが、皆様のおかげで変わらず楽しく過ごせています。
ありがとうございます<m(__)m>

今日から二十四節氣の“穀雨(こくう)”に入ります。

DSC_8445

DSC_8444

今朝は、筍、わかめ、出汁をとった後の羅臼昆布です。

今日から二十四節氣の“穀雨(こくう)”に入ります。
穀雨は『雨が百種の穀物を生じさせる時期』という意味です。
秋の豊作を願って降る雨は、有難いですね。
庭先の草花や街路樹、山野も花盛りです。
花が好きな私は、とても楽しい頃♪
DSC_8443
朝の散歩で見つけた可愛い花です。
この小さい花にも、命を繋ぐ仕組みが備わっていて、力強く、巧みに生命をつないでいくのでしょう。
私たちの身体にも、力強く巧みに生命をつなぐ仕組みは備わっています。
自然の理に従えば、力強く巧みに発揮されるのでしょう。
でも、現代は頭(思考)が優先してしまう。
なかなか、自然の理に従い難いのが現状です。
自然の理に抗う生活は、身体には大きなストレスになってしまいます。
日本人の体質に合わない食事も、自然の理に抗う一つです。
是非、バイオリンクをご活用下さい。
ストレスに対する抵抗力を高め、リジリエンス(復元力)を養います♪

今朝も味噌汁を食べて行ってきます!

DSC_8435

DSC_8434

今朝は、菜花、高野豆腐の味噌汁です。
高野豆腐はとても良い出汁がでます。
大豆は凄い!!
大豆を使った食品は、味噌、醤油、納豆、豆腐、湯葉、高野豆腐などがあります。
味噌と醤油は、調味料にして、毎日食べれるようにしたことが素晴らしいです。
大豆そのものを食べるより、味噌や醤油にする方が、消化がよくなって、さらに、大豆そのものを食べるより栄養素がぐんと増えます。
麹菌という菌が媒体となって、新しい栄養素を生み出してくれます!
また、調味料という形にすることで、食べ過ぎや反対に不足も補えます。
過不足がない!
菌との共生で作り出される♪
私たちの身体に棲む菌やウイルスも、私たちの身体に共生して、必要な栄養素を作ったり、身体を守ったりしています。
菌との共生で大切なのも、“環境”です。
身体に棲む菌にとっての環境は、私たちの身体の環境です。
私たちは食べた物でできています。
環境を整えることは、食事を整えること。
それは、日本人の体質にあった食事を食べること。
ご飯を主食として、旬の野菜や海藻、豆を中心にした一汁一菜の食事は、
シンプルで簡単です。
でも、現代は、思考(嗜好)が邪魔をしています。
まずは、バイオリンクをご活用ください。
共生する菌バランスが変わってくると、命に必要なシンプルで簡単な食事が好きになってきます。
菌バランスが整うことは、ストレスに対する抵抗力を高め、ストレスに対するリジリエンスを高めます。
それは、心の平和をもたらします。
さぁ、今日もバイオリンクと味噌汁でにこにこで過ごします!

今日から春の土用に入ります。

DSC_8422

DSC_8421

今朝は、小かぶの葉、うすあげ、出汁をとった後の羅臼昆布です。

今日から18日間(5/4まで)が春の土用です。
“土用の丑”の日で有名な土用は、春夏秋冬、立春、立夏、立秋、立冬前の18日間、年に4回あります。
丁度、次の季節に移るつなぎのような期間です。
早いもので、春の土用を過ぎると、立夏です。
土用は陰陽五行では、脾・胃に当たり、全ての中心・土台にあたります。
土用の期間は、特に、脾・胃を整えましょう。
毎日の食事を整えることは、脾・胃を整えることにつながります。
つまり、土台・中心を整えること。
脾・胃はストレスに弱い臓器です。
現代は、ストレス社会と言われるような社会環境や、大気汚染や海洋汚染などの自然環境の悪化、飽食や体質を無視した食事など、この土台・中心を弱らせています。
建物も、中心・土台が弱るとぐらつくように、私たちも、脾・胃(土台・中心)が弱ってくると、
迷う・疑う・決められない・続かない。
終わったことを蒸し返しては後悔したり、まだ起こってもないことを心配したり。
思い悩む時間が増えてきます。
脾・胃を整えて、どっしり構えましょう。
脾・胃は“氣”を司る臓器です。
脾・胃が弱ると氣(エネルギー)が乱れます。
眩暈やのぼせ、喉のつまり、動悸や息切れ、口内炎や口角炎、鼻や耳の症状などが起こり易くなります。
春は特にストレスが多い季節です。
春の土用は脾・胃が弱りがち。
しっかり、整えて、熱い夏を元氣に過ごす心と身体をつくりましょう。
風が強くても、雨が降っても、日照りが続いても、土台・中心が整っていれば、
元に戻る力(リジリエンス)が働きます。
ストレスに強くなる♪
毎日の食事を整えることは、ストレスに対する抵抗力やリジリエンス(復元力)を高めることです。
食は命。
是非、バイオリンクをご活用下さいね。
DSC_0554

今朝も味噌汁を食べて行ってきます!

DSC_8397

DSC_8396

今朝は、筍、わかめの味噌汁です。
味噌は、金光味噌の有機白みそです。
今朝は、雨が上がって暖かな朝でした。
雨が降って、暖かくなると、竹林では筍がどんどん顔を出しているでしょう。
庭の雑草もぐんぐん伸びてきました。
この季節は、上昇のエネルギーに満ち溢れています。
脾・胃が疲れている方は、この上昇のエネルギーに負けてしまって、
めまい、目の充血や涙目などの目の症状、のぼせ、動悸・息切れ、鼻や耳の症状、口内炎など胃より上での症状が出やすくなります。
脾・胃は食べたものをエネルギーに換える臓器です。
ところが、様々なストレスが続くと弱ってしまって、食べたものをエネルギーに換える力が弱まってしまいます。
ストレスで胃が痛くなった経験はありませんか?
脾・胃が弱ったときは、まずは食べない!
小食にしたり、一食をぬくプチ断食もお勧めです。
脾・胃が弱ってくると、過ぎてしまったことを考えて後悔したり、反対に、先のことを心配したりと、
さらに、脾・胃を弱めてしまう傾向になります。
“なんだか、最近、くよくよ悩んでる”と感じたら、プチ断食をお勧めします!
春は、ストレスに季節です。
脾・胃が弱りやすい季節でもあります。
17日からは春の土用に入ります。
ここで、しっかり脾・胃を整えて、夏を乗り切れ体と心に整えましょう♪
トマト薬局では、BCEx50mlを使ったプチ断食をお勧めしています。
DSC_8398

今朝も味噌汁を食べて行ってきます!

DSC_8385

DSC_8383

今朝は、高野豆腐、アスパラ菜、スープ用寒天の味噌汁です。

“腸の情報は肝臓を介して脳に伝わる”というメカニズムが明らかになってきました。
腸管内の情報が、血流によって肝臓に伝えられて、肝臓で分析をして、自律神経を介して脳に伝わります。
脳は、この情報に基づいて腸管の状況に合わせて、自律神経を介して、腸管免疫が過剰に活性化しない様にコントロールしています。
腸管の情報は、腸内細菌だけでなく、腸内のpHや酸素濃度など様々な情報も伝えられています。
過剰な免疫反応で起こる疾患と腸内環境やストレスとの関連がはっきりしてきました。
腸→肝臓→脳→腸の循環。
食は命。
私たちは食べた物でできています。
というより、脳が腸の状態を把握することで、食べたくなるものを決めているのかもしれません(*_*)
腸管の状態を整えるために、バイオリンクを是非ご活用くださいね。

DSC_0554

今日も味噌汁を食べて行ってきます!

DSC_8377

DSC_8376

今朝は、小かぶの葉、出汁をとった後の羅臼昆布、絹厚揚げの味噌汁です。

昨日はとても良いお天気でした!
陽射しが眩しいくらいでしたが、日陰に入ると、まだ風は冷たく感じられました。
外で過ごしやすい時期ではあります。
陽射しは強くなりましたが、まだ日傘は使わずに歩きました。
紫外線が気になりますが、紫外線に当たることは、悪いことばかりではなく、
身体や心の健康には必要です。
また、外での活動は程よい疲労感があり、夜はぐっすり眠れたりします。
“紫外線に当たりすぎる”ことや“紫外線を避けすぎる”ことがないように、バランスを身体で覚えましょう。
また、身体の中から紫外線の害を防ぐ食事をしたり、
太陽のエネルギーを充電した梅干しや切干大根、高野豆腐、干ししいたけ、海苔などの乾物を食べて、身体に紫外線を取り込む食事をすることも大切です。
是非、バイオリンクをご活用くださいね。

今朝も味噌汁を食べて行ってきます!

DSC_8354

DSC_8352

今朝は、しめじ、生しいたけ、割れ湯葉、出汁をとった後の羅臼昆布の味噌汁です。
昨晩から今朝は、とても寒かったですね。
寒のもどり。
寒暖差が大きい時ですね。
こんな時期、つまり、ストレスは胃腸の働きを弱めます。
胃潰瘍や急性胃炎の原因は、長引くストレスです。
また、腸も脳と繋がっているので、潰瘍性大腸炎や急性の下痢なども、ストレスが原因です。
痛みや胸焼けなど自覚症状が現われている方もありますが、自覚症状のない方もあります。
陰陽五行では、脾・胃の弱りは、氣の過不足を招き、殆どの病気の元になります。
脾・胃の弱りは、暴飲暴食から始まります。
ストレスを緩和しようと、食べ過ぎや飲み過ぎ、タバコの吸い過ぎ、珈琲などのし好品の食べ過ぎ、飲み過ぎなど、心配のし過ぎなど、過ぎることから始まります。
便秘や下痢、食欲不振などから、口角炎や口内炎、口臭、口の中が甘い、苦いなどの症状が現われます。
こんな時は、一食を抜くプチ断食など食べる量をぐっと減らしてみましょう。
とはいえ、ストレスのために食べ過ぎて(消化能力を超える量をたべる。)しまうので、なかなか難しいのですが・・・。
春は、自律神経が乱れやすく、また、血液も汚れやすい季節です。
ストレスを緩和するするのは、腸内環境を整えることと微量栄養素の補給です。
あとは、体内時計に沿った生活をすること。
バイオリンクと味噌汁は、腸内細菌のバランス異常を防ぎ、微量栄養素を補給して、
ストレスに対する抵抗力やリジリエンス(復元力)を養います!!
4月12日は新月!
身体と心の解毒に、バイオリンクをご活用くださいね(^_^)v

今朝も味噌汁を食べて行ってきます!

DSC_8332

DSC_8331

今朝は、新たまねぎ、あおさの味噌汁です。

今日は、中学校の入学式だったようです。
朝、新一年生とご父兄の方々とすれ違いました。
真新しい制服に、初々しさと緊張を感じました。
私も、緊張していたのかなぁ???
もう、すっかり忘れてしまいました(^_^;)
私たち身体を作っている細胞も、毎日、新しく変わっています。
一瞬たりとも同じではない。
生命は全て、一瞬たりとも同じではない。
毎日新品です(^_^)v
その細胞は、私たちの食べたものから出来ています♪
食は命。

今朝も味噌汁を食べて行ってきます!

DSC_8325

DSC_8323

今朝は、割れ湯葉、うすあげ、生しいたけ、三つ葉の味噌汁です。

夜明けの時間が早くなってきましたが、陽が暮れるのも遅くなってきて、一日が長く感じます(^_^;)
得をした気分です♪
春から夏は、太陽光が降り注ぎ、万物が成長する、エネルギッシュな時です!!
春から夏は、空気中の酸素量が増えます。
また、紫外線量も増えますので、過剰な活性酸素から身体を守りましょう。
私たちは、一日およそ500ℓの酸素を使っています。
その内の9割は代謝で使い、残りの一割が活性酸素になります。
活性酸素も8割は、毒性が低い活性酸素や、過酸化水素など必要な活性酸素です。
この様な活性酸素は、グルタチオンやSODなど体内で処理ができる仕組みを持っています。
しかし、残りの2割が不要な活性酸素で、動脈硬化や血液の粘化など関与していると言われています。
この不要な活性酸素を処理するためには、経口で摂ったものでしか処理できません。
ビタミンC、E、ポリフェノール、カロチノイ類です。
春から夏の旬の野菜は、ポリフェノール類やカロテノイド類が多いカラフルな野菜が増えるのがわかります。
体内で活性酸素を処理する仕組みも、微量ミネラルが不足や、低体温などで酵素の活性が低下すると、働きにくくなります(*_*)
ビタミン、ミネラル、カロテノイド、ルテインなどのポリフェノールなどを含む70種類の栄養素を含むバイオリンクを是非、ご活用ください(^_^)v
DSC_0554