ブログ | トマト薬局

お知らせ&ブログ

一口30回噛んで食べてみましょう。

DSC_8619DSC_8618

今朝は、春キャベツ、うすあげ、わかめの味噌汁です。

“噛む”効用は非常に多いんです。
まず、良く噛むことで、
●唾液の分泌が増えて、消化酵素や解毒酵素などの酵素の働きが高まります。
●酵素だけでなく、若返りのホルモンなどホルモンの分泌も高まります。
●顔には多くのリンパ節がありますので、噛むことでリンパ節が刺激をされて免疫力が高まります。
●噛むことで、リラックスしている時にでる脳波のα波が増えて、緊張している時に出る脳波のβ波の低下します。それは噛み終わったあとでも持続します。
●良く噛むことで、脳の満腹中枢が刺激されて食欲が抑えられ肥満の予防が出来ます。
●良く噛むことで血糖値の急上昇を抑えられ、肥満や糖尿病の予防につながります。
他にも、運動機能の上昇や視力低下の予防、骨粗鬆症の予防、虫歯や歯周病の予防など、
一口30回噛むことを習慣にすれば、心も身体も健康を保つことが出来ますね。
でも、私は早食いです(*_*)
だいたい一口10回くらいで飲み込んでいます。
良く噛んだなぁと思っても20回くらいです。
噛むことが大切なことを知っているのに、実践が伴わないですねぇ。
今日は新月です。
新月と満月の夕食を一口30回噛んで食べてみませんか?
今晩、私は挑戦しますね(^_^)v

今朝も味噌汁を食べて行ってきます!

DSC_8610

DSC_8609

今朝は、キャベツの芯、人参、長いも、あおさの味噌汁です。

火曜日は、茨木市に工場がある豆腐の伏見屋さんの移動販売車が来る日です。
大豆や製法にこだわっていて、なにより、美味しい♪
私は、菜食ではありませんが、なるべく、肉、卵、乳製品を控える食事を作ります。
肉を控える分、豆腐、あつあげ、うすあげ、おから、高野豆腐はよく食べます。
私のインスタグラムを見たお客様が「お豆腐をよく使われていますね」と言って下さいました。
豆腐の原料の大豆は、伝統的な和食では、味噌や醤油という調味料にして毎日必ず食べてきています。
昔、昔の日本人は、大豆を“大切なタンパク源”という認識で加工したのではないと思います。
“欧米人とはこんなに違った日本人の体質”の著者 奥田昌子医師は、
日本人が欧米人と比べて動脈硬化になり難いのは、大豆と魚を食べてきたからだと言われています。
米や雑穀を主食に、味噌汁と旬の野菜・海藻・豆を中心にした副菜をたべる伝統的な和食は、
腸内環境を整えて、血管内皮細胞や細胞膜を守る、酸化に強い食事です。
伏見屋さんが来る日のもう一つの楽しみは、どら焼きを買うこと(^_^;)
大好きなどら焼きを買って、おやつに食べます♪
勿論、バイリンクも追加で飲みますよ(^_^)v
腸内環境を整えることは、免疫力や自律神経のバランスを整えて、身体と心=脳の働きも整えます。
食は命です。
是非、バイオリンクをご活用下さい。
DSC_0554

今朝も味噌汁を食べて行ってきます!

DSC_8578

DSC_8577

今朝は、新玉ねぎ、あおさ、鶏卵の味噌汁です。
大好きな卵を一個いただきます♪

新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴って発令されている緊急事態宣言が延長されました。
自粛生活にも慣れて・・・と言いたいのですが。
なかなか終息の気配は見えず、不安と不満が相まって心身に不調をきたす方もふえています。
不安がある時は、今ではなく未来にいます。
不満がある時は、今ではなく過去にいます。
でも、今にしか生きていません。
不安や不満がうかんできたら、“今”にもどって、口角を上げてくださいね。
自分で出来る範囲で免疫力が整うことをしましょう。
食事、睡眠、呼吸、運動、笑うこと・・・今に在ること。
是非、バイオリンクをご活用ください♪
DSC_0554

今朝も味噌汁を食べて行ってきます!

DSC_8568

DSC_8567

今朝は、春キャベツ、うすあげ、出汁をとった後の羅臼昆布です。

寒いのか、暑いのか。
これがこの時期の気候なのですが・・・。
こんな時期は、胃腸は弱りやすいです。
食べ過ぎ、飲み過ぎに氣をつけましょう。
でも、こんな時期は、食べ過ぎたり、飲み過ぎたりしやすくなります(*_*)
だから、プチ断食をお勧めしています。
一食を食べないプチ断食。
BCExを使ったプチ断食は、特にお勧めです。
消化にはたくさんのエネルギーを使います。
一食を抜くことは、消化に使っていたエネルギーを、代謝に回すことができます(^_^)v
浪費を防ぐ。
是非、ご相談下さい。

今朝も味噌汁を食べて行ってきます!

DSC_8560

DSC_8559

今朝は、新玉ねぎ、あおさ、絹ごし豆腐の味噌汁です。

昨日から、二十四節氣の“立夏(りっか)”に入りました。
“夏の氣が初めてたつ”節氣です。
立夏から立秋の前日までが夏です。
今日は、昼間は初夏を感じる暑さでした。
屋内外寒暖差、日中の寒暖差、今日明日の寒暖差と、“差”がある時期です。
五月は春から夏への季節の変わり目です。
夏に向けて、紫外線量がぐんぐん増えるように、エネルギー量もぐんぐん増えてきます。
この季節のエネルギーを私たちの身体に取り込んでしっかり循環させましょう。
そのためには、腸内環境を整えて、細胞にある小器官ミトコンドリアを活性化すること!!
ミトコンドリアが活性化して、腸内環境が整ってくると、自律神経が整い、免疫力やホルモンのバランスも整ってきます。
さらに、脳=心も整ってきます。
食事、呼吸、運動、睡眠を整えて、ミトコンドリアを活性化させて、夏の氣をしっかり循環させて、
元氣に夏を過ごせる身体と心を作りましょう(^_^)v
ミトコンドリア活性には、BCExやBCEx503をご活用下さい。
バイオリンクと味噌汁とご飯を食事の中心に据える食事も是非(^_^)v

ゴールデンウィークのお休み

ゴールデンウィークは5月2日~5日までお休みします。

今朝も味噌汁を食べて行ってきます!

DSC_8531

DSC_8530

今朝は、ニラ、鶏卵の味噌汁です。
ニラは、嫌いではないのですが、好きでもない(^_^;)
でも、味は良い。

5月1日は、“八十八夜”です。
“夏も近づく八十八夜”と歌われるように、晩春から初夏に変わる頃です。
八十八夜の頃は、“八十八夜の別れ霜”とか“八十八夜の別れ霜”とも言われます。
確かに、GWは気温が乱高下の予報ですね。
八十八夜を過ぎると、田植えや種まき、新緑と生命力が溢れる季節です。
この時期は非常に自律神経が乱れる季節でもあります。
しっかり自律神経を整えて過ごしましょう。
それには、食事・呼吸・睡眠が大切です。
不安に囚われていませんか?!
まずは、口角を上げて笑いましょう!!
微量な栄養素や食物繊維やアミノ酸などが不足すると、
神経伝達物質の不足や腸内細菌のバランス異常などが、
脳への様々な影響を与えます。
食は命。
バイオリンクをご活用下さい(^_^)v

今朝も味噌汁を食べて行ってきます!

DSC_8525

DSC_8523

今朝は、山ふき、筍の味噌汁です。
山ふきや筍は上へ上へと伸びる陰性の食品です。
その陰性の食品を味噌や鰹節でとった出汁で作る味噌汁は、中庸の食品になります。
筍や山ふきは食物繊維が豊富。
食物繊維と味噌に含まれるオリゴ糖は腸内環境を整えて、
腸内細菌のバランス異常を防ぎます。
腸内細菌のバランスが整うと、大腸で短鎖脂肪酸をしっかり作れるようになります。
旬の食材を伝統的な和食でたべることが、食文化です。
以前、ご紹介した“子どもに食べさせたいすこやかごはん”
DSC_7863
これは、子供さんがアトピーだったり喘息だったりするお母さんたちが集まって、
どうしたら薬に頼らない身体をつくれるか、病気になり難い身体を作れるかを話し合っていた時に、
アレルギーという病気がなかった時代の食事をしてみようということではじめた食事のレシピです。
この食事を続けているうちに、症状が軽くなったり、健康になったそうです。
食事の基本は、ごはん・味噌汁・つけもの。
それに、野菜・豆・さかなが中心の副菜です。
私は、この本を買ってから、いくつか作っていますが、肉・卵・乳製品はなくても、
ボリュームがあって美味しいです。
昨日は、この本の中にあって、絶対に挑戦したかった“野菜餃子”をつくりました。
DSC_8518

肉の代わりにおからを使います。
その他に、きゃべつ、にら、生しいたけ、レンコン。
餃子を作ったことがある方はわかると思いますが、包むのが難しい(^_^;)
でも、味は良い!
さらに良いことが、数が食べれない(^_^;)
豚ひき肉は脂が多くなります。
野菜の量は変わらないのですが、おからは油が少ない。
そのためか、意外に早くに満腹感を感じて食べれなくなりました!
おからダイエットってあったなぁ・・・。
油(脂)は脳がカロリーとしてカウントするのに時間がかかるので食べ過ぎになりやすいってことを、
実感しました(*_*)
さらに、地球に優しい。
脂が少ないので、食器を洗うのに洗剤が少なくてすみます♪
勿論、肉・卵・乳製品をゼロにすることをすすめているのではありません。
ただ、現代は肉・乳製品・卵を摂りすぎています。
食は命。
新型コロナウイルス感染症の最大の予防も、自分の身体に備わっている免疫力を整えておくことです。
ご飯と味噌汁とバイオリンクを食事の中心に据える食事をお勧めします。

今朝も味噌汁を食べて行ってきます!

DSC_8511

DSC_8510

今朝は、新たまねぎ、うすあげ、絹さやの味噌汁です。

今日は久しぶりの雨。
空気が乾燥していたので、恵の雨でしょうか♪
雨でも、寒さを感じなくなってきました。
いよいよ新緑の季節です。
一雨ごとに、枝が伸び、葉が繁り、緑が深まってきます。
これからは、空気中の酸素量が多い季節です。
紫外線量も多い季節です。
私たちも成長の季節。
不要な活性酸素を増やさないように、緑の濃い野菜や海藻を食べましょう。
バイオリンクには、葉緑素をはじめ、カロテノイド、ルテインなどの抗酸化物質も含まれています。
また、ミトコンドリアを活性化する栄養素も含まれていますので、
不要な活性酸素対策もばっちりできます(^_^)v

DSC_0554

今朝も味噌汁を食べて行ってきます!

IMG_20210426_201115_792

DSC_8494

今朝は、長いも、割れ湯葉、わかめの味噌汁です。

朝の味噌汁は肝の働きを助けて、解毒の効果が増すといわれています。
味噌に含まれる乳酸菌の酸は肝・胆のうの働きを助けます。
また、味噌にはアミノ酸が豊富なので、肝・胆のう働きを助けます。
現代は、油(脂)の摂り過ぎ、化学薬品の摂り過ぎ、神経の使い過ぎ(ストレス)で、
肝・胆のうは、とても疲弊しています。
肝・胆のうが疲弊してくると、自律神経のバランスが崩れやすく、ストレスに弱くなってしまします。
朝一杯の味噌汁は、肝・胆のうの働きをたすけ、自律神経を安定させます。
バイオリンクも肝・胆のうの働きを整えるので、ストレスに対する対抗力を高め、リジリエンス(復元力)を高めます。
朝のバイオリンクと味噌汁は、“金”ですね(^_^)v