ブログ | トマト薬局

お知らせ&ブログ

今朝も味噌汁を食べて行ってきます!

DSC_7416

DSC_7415

今朝は、絹ごし豆腐、沖縄もずく、春菊の味噌汁です。
春菊が好きです♪
青菜も美味しい季節になりましたね♪

私は小さい頃から、何かを続けることが苦手だと思っていました。
でも、最近ふと考えると、意外にも続けていることが多い(笑)
バイオリンクにいたっては、飲まない方が落ちつかない(笑)
今年の6月から初めた朝散歩、本当に家の周りを歩くだけなので、散歩なんていえる距離でもないのですが、雨の日も出かけて今のところ皆勤賞。
禅の本を読みだしたのですが、修行の一つ、座禅。
目的を持って座禅をすることは、すでに座禅ではなくなっていると(*_*)
悟りをえるためにするのではないのだと(*_*)
私の朝散歩も、最初は何か目的があったかもしれませんが、今は、その散歩の時間は、
“今”に居る時間。
明け方の空の色、枯れてゆく葉の色、朝の月、風の感覚、空気の匂い・・・を感じる。
ただ、感じる。
なぜか、続けなければという強制的な感覚がないし、ふっと起きて、歩きだしています。
ただ心地良い時間になってきたかな。
“この世に居ることに敬意を抱くこと”
まだまだ忘れてしまいますが、今に感謝。

今朝も味噌汁を食べて行ってきます!

DSC_7411

DSC_7410

今朝は、大根、うすあげ、人参、原木生しいたけの味噌汁です。

私たちの身体を作っている細胞は、細胞1個の働きは全部同じ働きなのですが、
集まって一つの臓器なって、臓器それぞれの働きをしだします。
そして、その細胞自体も働きも、私たちが口に入れた物を使っています。
例えば、バイオリンクを食べたとします。
バイオリンクが何かをするのではなく、バイオリンクに含まれる栄養素が私たちが本来もっている細胞の働きをすることで、解毒の経路が正常にはたらいたり、肝臓でのタンパクの合成が正常に働いたりなどなど、臓器が臓器の働きをまっとうして、健康を維持しています。
バイオリンクを食べることで、解毒の経路を5つの経路が働くことがわかっています。
普通の食品は3つの経路と言われています。
この差が、カネミ油症の患者さんの体内に蓄積しているダイオキシン類を減らせることができたんだと確信しています。
食は命です。
インスタントなどの簡単便利な食品や農薬や抗生物質を使った野菜や肉などを、全部否定したり、
反対に無頓着に食べることが良いとか悪いとかではなくて、どんなメリットがあって、どんなデメリットがあるかを知って選ぶことが大切だと思っています。
これは、次の世代、その次の世代、その次の次の世代まで影響するからです。

今朝は味噌汁ではない(^_^;)

DSC_7396

DSC_7395

今朝は、レンズ豆のスープです。
出汁をとろうと思ったら、鰹節がなくなっていました。
ということで、レンズ豆のスープに。
初めてレンズ豆のスープを食べたのは、12月の寒い夜の屋台でした。
とても美味しくて、今でも美味しさと風景を覚えているくらいです(^_^;)
クミンという香辛料に出会ったのもこの時でした。
“豆は身体によいので積極的に摂りましょう”と言われています。
日本は、豆(大豆)を味噌や醤油にして調味料として摂っています。
だから、意識をしなくても豆を摂る生活が出来ています。
素晴らしい!!
大豆そのものは、非常に消化し難く、植物毒も多く含んでいるので、
大豆、そのものを積極的に食べることは、決して身体によいとはいえません。
(アレルゲンになる所以です)
そこで、先人たちは、大豆を微生物の力をかりて発酵することで、
ヒトが消化しやい栄養素に変え、植物毒も無毒化して、栄養素を多様化しました。
それが、味噌や醤油です。
毎日味噌汁を食べることは、毎日豆を摂っていることになります。
やはり、伝統的な和食は非常に優れていて、病気を防ぐ食事ですね。
(考えてみたら、子孫が病気になるような食事を伝えたりしませんよね!)
味噌汁を食べない朝に、あらためて味噌や醤油の素晴らしさを確信しています(^_^;)
伝統的な製法で作られた味噌や醤油を使って、家庭で調理することは、
日本人の伝統的な食事のスタイル、ご飯を主食とした一汁一菜は、質素に見えますが、
非常に豊富で優れた栄養素を摂ることができます。
現代は、様々なストレスに囲まれていて、ストレスを避けることは出来ません。
ならば、そのストレスの中で健康で幸せに暮らすことを考えると、
バイオリンクと味噌汁とご飯を食事の中心に据える食事は、質素ですが、
非常に優れた栄養素が摂れて、ストレスに対するリジリエンスを高める食事です。
是非、召上ってください。

リジリエンスを高めよう!

DSC_7387

DSC_7386

今朝は、わかめ、出汁をとった後の羅臼昆布、大根、卵の味噌汁です。
卵は溶き卵に、大根は面取りをした部分です。

リジリエンスとは、元々心理学や精神医学で、精神的回復力を意味する用語として使われていました。
オバマ元アメリカ大統領が大統領就任演説で使ったことで、一般的に使われるようになりました。
リジリエンスは、ゴムボールをイメージして、ゴムボールをぐうと抑えると凹みますが、
手を放すと元に戻ります。
この圧がかかった時に押し返す力、圧が外れた時に元に戻る力をリジリエンスといいます。
私たちは、精神的回復力の他に、身体的回復力も備えています。
それが自然治癒力であり、リジリエンスです。
リジリエンス=復元力は、しなやかさ、柔軟性があることです。
柔軟性がないと戻りません。
リジリエンスの高さは、腸内環境の良し悪しに左右することがわかってきました。
腸内細菌の多様性が腸内環境を整えて、リジリエンスを高めます。
伝統的な和食は、食物繊維が豊富で、動物性のタンパク質が少ない、腸内環境が整う食事です。
新型コロナウイルス感染症は社会のシステムも変えています。
変化はストレスです。
心と身体を柔軟にして、リジリエンスを高め、変化の多いこの時期を、健康で幸せに過ごしましょう。
バイオリンクも腸内環境にはおすすめです♪
バイオリンクエキスは、私たちの身体に備わった恒常性=常に健康を保とうとする力を高めます(^_^)v

12月になりましたね。

IMG_20201201_095813_035

IMG_20201201_095813_037

今朝は、大根、沖縄もずく、うすあげの味噌汁です。

12月ですね。
暖かいせいか、年の瀬感が感じられません。
先日ブログでも紹介した“スティーブ・ジョブズの禅僧 宿無し弘文”。
乙川弘文禅師は、「世の中で一番大切なことは?」と尋ねられて、
「この世にいることに敬意を抱くこと」と答えています。
私たちの身体にある肝臓。
肝臓が働いている仕組みを工場でしたならば、解っている働きだけでも東京ドーム5個分の広さが必要と言われています。
私たちの生命の仕組みは、スーパーコンピューターなんか太刀打ちできない仕組みをもって産まれています。
自然の摂理は完璧で、生かされていることに氣づきます。
そう、生きていることは奇跡の連続なんです。
弘文禅師が仰るように、
「この世にいることに敬意を抱くこと」しかないことに氣づかされます。
でも私は、目の前の出来事にイライラしたり、腹をたてたり、先のことを考えて不安に襲われたり。
今に居なくて、この瞬間の光を見失います。
12月。
弘文禅師が言われた「この世にいることに敬意を抱くこと」を心に燈して、過ごします。

今日は満月。

DSC_7366

DSC_7362

今朝は、大根、うすあげ、出汁をとった後の羅臼昆布の味噌汁です。
大根とうすあげの組み合わせは好きな味噌汁です。
大根が美味しい季節になりましたね♪

今日は満月。
昨日の夜空も晴れていたので、月が綺麗でしたね。
今晩も満月で、楽しみです。
血圧が高くなっている方が増えています。
寒くなってきたので高くはなりますが、
血圧はストレスでも高くなります。
血圧をコントロールしているのも自律神経です。
自律神経は、宇宙の動きに敏感で自然環境の変化に影響をうけています。
その自律神経は、私たちがどうこう出来るものではなく、自動コントロールです。
ただ、呼吸は自律神経を整えることができます。
自律神経は、自然の摂理を無視した生活や、ストレスが持続すると乱れてしまいます。
新型コロナウイルス感染症は、大なり小なり皆さんにストレスを与え続けていますよ。
また、現代人のライフスタイルは交感神経の過緊張を招きやすくしています。
交感神経の過緊張は、浅い呼吸になってしまします。
私も、パソコンやスマホをみたり、本を読んでいると、目の前の小さな世界に囚われてしまいます。
また、情報過多な生活は、先ばかりに目がいって氣をせかしています。
今日は満月。
大きな宇宙の悠久の流れを感じながら、大きく深い呼吸をしてみましょう。
まずは、ゆっくり鼻から吐いて空っぽになったら(体調に応じて口から吐いても)、ゆっくり鼻から吸う。
身体に溜まっている古いものを吐きだして、広い広い宇宙の息吹を身体に入れてくださいね。
今を生きる。
今日は満月(^_^)v

オーガニックを選ぼう。

DSC_7343

DSC_7342

今朝は、人参のポタージュです。
昨晩、配達の帰りに寄ったスーパーの産直コーナーに無農薬の人参が売られていました!
産直コーナーは無農薬の野菜や果物ではありません。
時々、無農薬の野菜が売っている程度なので、
殆どをオーガニックを選んでいる私としては、嬉しくて、
来週の月曜日にポスティ(私が加入している生協)から、無農薬人参が届くのですが、買ってきました。
と、言うことで人参のポタージュです。
牛乳は殆ど飲まないのですが、飲む牛乳には拘って、山地酪農の牛乳です。
農薬や化学肥料を使わない畑や田んぼの違いは、土に棲む細菌数の数と種類だそうです。
無農薬、無化学肥料の畑や田んぼは、土の中の細菌数も種類も非常に多い、“多様性”に富んでいるそうです。
自然栽培となるともっと多くなり、自然の循環が出来上るそうです。
土の中の細菌数が多様性に富んでくると、病気に負けないし、冷害や干ばつなどの自然環境の変化にも強くなるそうです。
さらに、虫がよりつかない“元氣野菜”や“元氣果物”が出来るそうです。
吉田俊道さんのおはなしをお聞きすると、
化学肥料を使うと病気になるので、農薬を使うことになるそうで、
これは、虫も食べない野菜。
農薬を使わないのに、虫に食べられるのは、野菜が病弱だから。
菌や虫は悪い物ではなくて、自然な環境に戻そうと浄化してくれているのだそうです。
病気や自然環境の変化に強いとは、ストレスに強いということ!
土の中の細菌が多様性に富むとストレスに強くなるということです。
私たちのお腹の中、腸も土の中の原理と同じと言われています。
つまり、腸内に棲む細菌数の多様性が、ストレスに強くなり、病気にかかり難い身体と心を作ります。
腸内細菌の多様性は、3歳までに出来上がると言われています。
一生の健康の元を作る妊娠時の食事、母乳時の食事、幼児の食事、その腸内細菌を育てる成長期、成人期、中年期、老年期と食事は、一生を通じて重要です。
もっともっとオーガニックが身近になるように、伝えていきたいと思っています。

今朝も味噌汁を食べて行ってきます!

DSC_7336

DSC_7335

今朝は、焼き海苔、割れ湯葉の味噌汁です。
湯葉も焼き海苔も好きですね♪
海苔は味噌を溶いてから最後に加えますが、香りが広がってとても美味しい匂いに包まれて幸せな気持ちになります。
湯葉も海苔も出汁がでる食材なので味噌汁にこくが生まれます。
先日お客様が、このブログを見て下さって、海苔を味噌汁に使うことを教えてもらったと言ってくださいました。
何でも、戴いた焼き海苔が残っていらしたようで、食べきれて喜んで下さっていました。
海苔はとても栄養価の高い食材です。
海苔には、アミノ酸、カロチン、ビタミンB群、C,葉酸、食物繊維など、現代人に不足の栄養素がしっかり含まれています。
中でも、葉酸。
日本人は、葉酸を吸収しづらい体質です。
これは私見ですが、日本人が菜食に近い食生活だったので、たくさんの葉酸を必要としなっかたのではないかと思っています。
葉酸は、細胞の再生と修復、赤血球の生産、ホモシステインの濃度を低下など、とても重要な働きに関与しています。
新型コロナウイルス感染症は、血管が脆い方が重症化する可能性が高くなると言われています。
葉酸の働きの“ホモシステインの濃度低下”は動脈硬化を防ぎ、血管の老化を防ぎます。
さらに、細胞の再生と修復は、免疫の最初の関門の粘膜細胞を作る上で重要です。
つまり、新型コロナウイルス感染症にもおすすめの食材です。
血液を綺麗にして、血管の老化を防ぐことは、全ての病気の予防ですね。
勿論、バイオリンクにも葉酸が含まれています(^_^)v
養生は日々の積み重ねです。
是非、バイオリンクと味噌汁とご飯を中心に据える食事をお勧めします。
さぁ、今日もにこにこで過ごします(^_^)v

サフランが咲きました♪

DSC_7329

十月に買ったサフランの球根です。
お皿に載せただけで良いと言われて買ったサフラン。
本当にお水も上げなくて咲くのかしら?と、半信半疑で相談机に約二か月弱置いていたら、
昨日から蕾が膨らみ、今朝からどんどん咲き始めました!!
可愛い顔に、思わず見とれてしまいます。
自然の美しさは、計らいがなく、純真で、心の曇りを一瞬で取り払ってくれます。
今を生きる。
相談机で咲いております。
お客様の心を癒して下さいね。

今朝も味噌汁を食べて行ってきます!

DSC_7325 DSC_7324

今朝は、坊ちゃんかぼちゃ、わかめ、出汁をとった後の羅臼昆布の味噌汁です。
今朝は晴天。
冬は太陽が出ていると暖かくて、ほっとして硬くなった身体と心が弛みますね。
冬至までは、陰の氣が強いので、昼間に太陽に当たることは、心と身体を健康に保つ秘訣です。
日向ぼっこをしながら、深い呼吸をしてくださいね。
冬至にかぼちゃを食べる習慣は、夏の強い日差しをカロチン類に変えて溜めこんだかぼちゃを食べて、陰の氣にまけない栄養素を摂るためです。
風邪予防ですね!
バイオリンクにも太陽の日差しを浴びて育てられているので、カロテン類が豊富に含まれています。 バイオリンクと味噌汁は、理に叶った栄養素を含んでいます♪
陰の氣が強いこの時期も、しっかりバイオリンクと味噌汁を食べて、元氣に過ごしましょう(^_^)v
さぁ、今日もにこにこで過ごします♪
DSC_2520